ブレグジットと欧州の行方

Brexit1
英国の欧州連合(EU)離脱や相次ぐ選挙と大きな曲がり角にある欧州。在ロンドン国際ジャーナリストの木村正人氏が、今後の行方に迫ります。
すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第12回 「離脱合意」か、「合意なき離脱」か 二者択一迫られる英議会 12月11日採決へ(11/30)

EU首脳と離脱協定で合意し、記者会見に臨むメイ首相(筆者撮影)
11月25日の欧州連合(EU)臨時首脳会議で英国との離脱協定と将来に向けた政治宣言が調印され、最大の難関…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第11回 アイルランド国境問題先送りで「合意なき離脱」回避か(10/12)

アイルランドから北アイルランドに入る国境。標識はマイル表示になり、北アイルランドの「北」が塗りつぶされていた(筆者撮影)
欧州連合(EU)離脱交渉が大詰めを迎える中、英国では与党・保守党と最大野党・労働党の年次党大会が開か…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第10回 メイ首相は風前のともしび 「合意なし離脱」も否定できず(08/21)

昨年秋の党大会は咳が止まらず散々だったメイ首相。今年は崖っ縁だ(筆者撮影)
欧州連合(EU)離脱交渉の事実上の期限が10月半ばに迫ってきた。メイ英首相を支えるはずの保守党内では離…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第9回 2つのEU懐疑政党が大躍進、ベルルスコーニ元首相は失速(03/06)

五つ星運動の元コメディアン、グリッロ氏(左)とディマイオ党首(3月2日、筆者撮影)
イタリア総選挙(上下両院)の投開票が4日行われ、反体制派政党、五つ星運動が議会第1党に躍進した。しか…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第8回 墺の“魔法の王子様”、世界最年少の首相誕生か(2017/10/20)

勝利演説を終え、支持者との記念撮影に応じるクルツ氏(15日夜、筆者撮影)
通称“魔法の王子様”は地獄からの使者か、オーストリアの救世主か――。「世界最年少」の首相に就任する見…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第7回 独総選挙、AfD大躍進が突き付けたEUの根源問題(2017/09/26)

選挙戦から一夜明けて記者会見するメルケル首相(筆者撮影)
ドイツのメルケル首相が4選を決めた24日の連邦議会(下院、基本定数598)選挙は、「大連立」を組んだキリス…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第6回 独総選挙、「風見鶏の女王」メルケルに死角なし(2017/09/05)

4選を目指すメルケル首相のポスター(筆者撮影)
ドイツの総選挙が9月24日に迫ってきた。英国の欧州連合(EU)離脱決定、トランプ米大統領の誕生という危…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第5回 マクロン大統領、真のフランス革命を成し遂げられるか(2017/06/20)

マクロン大統領の挑戦は始まったばかりだ(筆者撮影)
この男は本当にナポレオン1世(1769~1821年)の生まれ変わりなのか——。5月に就任したばかりのマクロン…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第4回 賭けに出た保守党の「ハード・ブレグジット」は頓挫(2017/06/12)

少数政権樹立を伝えるためバッキンガム宮殿に向かうメイ首相(筆者撮影)
6月8日に投開票が行われた英国の総選挙は、当初予想された与党・保守党の地滑り的勝利どころか、悪夢の「…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第3回 マクロン仏新大統領は失業者の怒りの炎を鎮められるか(2017/05/09)

ルーブル宮殿の中庭で勝利演説を行うマクロン氏(筆者撮影)
5月7日に投開票が行われたフランス大統領選の決選投票で、親欧州連合(EU)派の中道政治運動「アン・マ…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第2回 新星マクロン氏は難問を解決できるか(2017/04/25)

落書きされたフランス大統領選のポスター(筆者撮影)
フランス大統領選の第1回投票が4月23日に行われ、中道政治運動「アン・マルシュ(進め)」のエマニュエル…

続きを読む

<ブレグジットと欧州の行方>第1回 ルペン氏勝利の可能性否定できず(2017/03/20)

欧州連合(EU)が崩壊に向かうのか、それとも統合を守れるのか——。欧州の未来を占う2017年の第一関門、…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン