欧州議会選で右派ポピュリズム政党が台頭 <ブレグジットと欧州の行方>第18回

[ロンドン発]英国の欧州連合(EU)離脱をとことん迷走させたテリーザ・メイ首相が悔し涙を残して退場を余儀なくされた。23~26日、加盟28カ国で投票が行われた欧州議会選挙は右派ポピュリズム政党の台頭を許したものの、EU統合推進派は何とか土俵際で踏みとどまった格好だ。…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドイタリアギリシャ米国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

消費者行動の変化で省エネ狙うEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第35回(09/20)

首相の議会閉会巡る審問終了 英最高裁、判決は23日以降(09/20)

墺議会、EUとメルコスールのFTAを拒否(09/20)

ECB、ドイツ銀の自社債買い戻しで調査も(09/20)

DUP、英領北アのみの特別措置に前向き(09/20)

伊仏首脳、EUの新移民受け入れ策で合意(09/20)

独財務相「英の合意なき離脱は貿易に障害」(09/20)

英中銀、政策金利を0.75%に据え置き(09/20)

【ウイークリー統計】第46回 移民取り締まりと在留許可件数(09/19)

合意なき離脱のリスクは現実的=欧州委員長(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン