• 印刷する

英、燃料業界の規制一時緩和 都市部などでパニック買いの混乱

燃料タンクローリーの運転手不足で給油所への供給が滞っている問題で、英政府は27日、石油業界に対する競争法の適用を一時停止すると発表した。自動車燃料の適所供給に向け、企業間で情報を共有できるようにするため。英国ではここ数日、ガソリン・軽油の「パニック買い」による混乱が続いている。

クワーテング民間企業・エネルギー・産業戦略相はこの措置について「政府が燃料メーカーや卸売業者、配送業者、給油所と建設的に協力する」ことにより、「燃料を最も必要とする地域や戦略的地点に優先的に供給する」ことが目的と説明している。

英国・オランダ資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルや米国の同業エクソンモービル、英国の同業BPを含む自動車燃料業界は「供給逼迫(ひっぱく)は国内の燃料不足によるものではなく、一時的な消費者需要の急増が原因」と強調している。

BBC電子版によると、英国では数日前から都市部を中心に、燃料供給不足を懸念するドライバーが給油所に殺到し、給油待ちの車が列を作った。石油小売業者協会によると、石油企業は高速道路沿いやスーパー併設の給油所に優先的に供給しており、独立系の給油所では全体の50~85%でガソリン・軽油が底をついている。

フィナンシャル・タイムズによれば、ジョンソン首相はタンクローリーの運転手不足に対処するため、軍の協力を仰ぐことも検討している。

英国ではかねて、大型トラックの運転手不足により、食品や医薬品などさまざまな業界にも影響が生じている。

■トラック運転手に短期ビザ

政府は25日、外国人のトラック運転手最大5,000人に一時的なビザ(査証)を発給すると発表した。大型トラックの運転手不足を受けた措置の一環で、ほかにも国内で最大4,000人のトラック免許取得希望者を対象とした短期集中訓練を実施する案や、第一線を退いている運転手約100万人に復帰を促す書簡を送付する案を打ち出している。

英国では欧州連合(EU)離脱と新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により推定2万人の大型トラック運転手がEU域内に帰国したほか、パンデミックの影響で運転免許試験が停止していたこともあり、9万人の人材が不足しているとされる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車運輸天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英とNZ、FTA大筋合意 CPTPP加盟交渉に弾み(10/22)

英、新規感染者10万人到達も=保健相(10/22)

日本など、気候変動の報告書の変更要求か(10/22)

財政赤字、9月は大幅縮小(10/22)

欧州中銀、銀行業務の域内移管へ指導強化(10/22)

バス運営フリックス、グレイハウンド買収(10/22)

バークレイズ、第3四半期は2.4倍に増益(10/22)

ユニリーバ、第3四半期は2.5%増収(10/22)

バーバリー、ヴェルサーチェCEO引き抜き(10/22)

英国製ワクチン、マレーシアに60万回分到着(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン