• 印刷する

独、長距離移動時のマスク着用義務を撤廃へ

ドイツ政府は、長距離移動の列車とバスでのマスク着用義務を2月2日から撤廃する。新型コロナウイルスによるリスクが減少したためで、着用義務を定めた感染予防法の期限である4月7日から前倒しを決めた。ラウターバッハ保健相が13日に明らかにした。

同相は「国民は高いレベルの免疫を獲得しており、専門家もこの冬に大きな感染の波が来るとは考えていない」と述べ、向こう数週間から数カ月の間に危険な変異株が出現する可能性は低いと指摘した。感染者や感染疑いの人、入院者も減少し、状況は安定しているという。ただ同相は、屋内や電車内などで個人の責任で自主的にマスクを着用するよう呼びかけた。

長距離移動以外の公共交通機関については各州が独自に判断している。すでに3州が公共交通機関での義務付けを撤廃し、さらに6州が2月初めまでの撤廃を決めている。

欧州の多くの国で昨年にマスク着用義務が撤廃されたが、ドイツはスペインと並んでマスク着用の義務を続けている。感染予防法では長距離移動の列車やバスで医療用マスク「FFP2」の着用を義務付けているが、今回の決定により着用義務は介護施設や医療機関などだけとなる。スペイン政府は、少なくとも3月までは着用義務を維持することを明らかにしている。


関連国・地域: ドイツスペイン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独連立3党、気候変動政策で亀裂回避(03/30)

メルセデス、クウェート投資庁が株式売却(03/30)

GfK消費者信頼感、4月は改善(03/30)

印刷機ケーニヒ&バウアー、通期は23%減益(03/30)

EV部品ディースペース、印で直販体制構築(03/30)

ポルシェのタイ販社、販売目標1300台超(03/30)

シェフラー、印で1.8億ドルの設備投資計画(03/30)

BMW、印で四輪と二輪計22車種の投入計画(03/30)

独戦車「レオパルト2」、ウクライナに到着(03/29)

シーメンス・エナジー、変電所建設を受注(03/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン