• 印刷する

ウィンザー枠組みを正式採択 英EU、2年に及ぶ協議に終止符

英国と欧州連合(EU)は24日、英国のEU離脱協定に含まれる「北アイルランド国境問題に関わる議定書」の問題点の解決に向けた「ウィンザー枠組み」を正式に採択した。同議定書の問題点を巡る英・EU間の協議は約2年に及び、時に膠着(こうちゃく)して関係悪化の要因となっていたが、ようやく終止符が打たれた格好となる。

英国のクレバリー外相と欧州委員会のシェフチョビッチ副委員長はこの日、ロンドンで会談し、ウィンザー枠組みを採択した。

両氏は共同声明で、同枠組みは「過去2年にわたるアイルランドと北アイルランドでの同議定書の運用上の課題や、北アイルランドの住民・企業が直面する日常的な問題を最終的に解決するもの」で、ベルファスト合意を維持するとともに、EU単一市場の完全性と北アの英国国内市場における地位を両立する内容と説明した。

北ア議定書では、アイルランドと北アの間に厳格な国境を設けることを避けるため、英国のEU離脱後も北アがEUの単一市場にとどまり、製品基準や一部の税制に準拠することになっている。この結果、英本土と北ア間の物品のやりとりに通関検査が発生し、北アの企業や住民に影響が生じていた。

英国のジョンソン元首相とトラス前首相は同議定書の抜本的見直しを要求したが、EUがこれに応じなかったため英国では同議定書を一方的に破棄する法案が成立。EUはこれに抗議して法的措置に着手する事態となっていた。

その後に就任したスナク首相は2月、フォンデアライエン欧州委員長とウィンザー枠組みで合意。北ア向けの製品には「グリーンチャネル」を設け、厳格な通関検査を免除する内容で、EUが今後、製品基準などを変更する際には、北ア行政府が適用を拒否できる条項も盛り込んだ。

ただ、議定書に抗議して北アの政権を離れている親英強硬派・民主統一党(DUP)は、ウィンザー枠組みを受け入れておらず、同党の政権復帰のめどは立っていない。[EU規制]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン