• 印刷する

英、ポイント制ビザ案を公表 低技能労働者の不足懸念も

英政府は19日、ポイント制の新移民制度を公表した。技能や資格、賃金、職業に基づき所定のポイント数に達した申請者にのみ就労ビザ(査証)を交付する。欧州連合(EU)離脱に伴いヒトの自由な移動を制限するための措置で、2021年1月1日に導入される。EU域内からの低技能労働者に頼る業界では、人手不足が懸念されている。

新制度では、国内で就職先が決まっていることが就労ビザ申請の必須要件となる。また、年収の基準は2万5,600ポンド以上、学歴は大学入学レベルを示す一般教育修了上級レベル(Aレベル)と同等以上とされている。これらは、これまで無条件で就労が認められていたEU市民にも適用される一方、年収と学歴については現行のそれぞれ最低3万ポンド、大学卒以上から基準が緩和されている。また、年収はこの基準に満たなくても人手不足の職種などでは2万480ポンド以上なら申請が認められる。

新制度では、ビザの交付を受けるためには計70ポイントが必要。「認可されたスポンサー企業での採用」や「適切な技能レベルの仕事」、「人手不足の職種の仕事」に20ポイントが付与される。「要求水準を満たす英語能力」は10ポイント。年収については、2万5,600ポンド以上なら20ポイント、2万3,040ポンド以上なら10ポイントが与えられ、2万480ポンド以上は0ポイント。学歴については、仕事に関わる分野の博士号には10ポイント、STEM(科学・技術・工学・数学)分野の博士号には20ポイントが付与される。

政府は、現在英国で就労するEU出身者の7割が新制度では必要なポイント数が獲得できないとみている。既に英国に居住し、EU市民向けの永住権付与制度に申請した320万人には影響はないものの、新制度の導入により将来的にEUからの移民数を削減できると見込む。

これに対し、国内最大の公務員労組ユニゾンは、新制度はソーシャルケア業界に「壊滅的影響」を及ぼすと警告する。また、英産業連盟(CBI)のキャロリン・フェアバーン事務局長も、一部業界の企業は人材確保に「頭を抱えることになる」と予想。「既に失業率が低水準で推移する中、介護や建設、ホスピタリティー、飲食関係の企業が最も大きな影響を被る」とみている。[労務]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「通商合意なき離脱」回避を 英自動車協会、英・EUに要請(11/25)

【欧州企業よもやま話】第319回:ジョセフジョセフ さりげない「キッチン革命」(11/25)

ロシア、対ベトナム輸出が増加=石炭は低迷(11/25)

イングランド、入国者の隔離期間短縮へ(11/25)

英政府、華為排除で新たな通信法案を提出(11/25)

シネワールド、7.5億ドルの資金確保(11/25)

ディアジオ、持続可能な10カ年計画を発表(11/25)

給食コンパス・グループ、通期は75.9%減益(11/25)

英オクトパス・エナジー、ドイツに本格進出(11/25)

イネオス、韓国・現代自と水素事業で提携(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン