• 印刷する

GDP成長率、0.3%拡大 景気後退免れる=第3四半期

英政府統計局(ONS)は11日、2019年第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比0.3%拡大したと発表した。第2四半期の0.2%減からプラスに復帰し、リセッション(景気後退)入りを免れた格好。7月の生産高が力強く伸びたことが貢献した。

産業別に見ると、英経済の原動力であるサービス業は0.4%拡大。伸びは前期から0.3ポイント加速した。うち自動車販売を含む運輸・倉庫・通信は0.6%、ビジネスサービス・金融は0.3%それぞれ伸びている。流通・ホテル・レストランは0.1%増えた。

鉱工業はゼロ%で、前期の1.8%減から上向いた。うち採鉱・採石は1.7%減少し、電気・ガス・蒸気・空調供給は0.7%縮小。半面、水道・下水・廃棄物処理は1.2%増加している。製造業は変化がなかった。

建設業は0.6%のプラス。農林水産業は0.2%落ち込んだ。

GDPは前年同期比では1%拡大。伸びは2010年第1四半期以降で最も減速している。

ONSは当期について、7月の経済成長がGDP成長率をプラス圏に復帰させたと指摘。サービス業と建設業は好調だったものの、製造業については多くの企業が不振だった半面、自動車メーカーがブレグジットに備えて行った4月の生産一時停止から持ち直したことが相殺したと説明した。

国際通貨基金(IMF)は先に、英国の今年のGDP成長率見通しを1.2%、来年は1.4%と予想し、いずれも前回の予測から据え置いている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

加盟国の足並みの乱れ鮮明に NATOの70周年記念首脳会議(12/05)

保守党、地方交通に42億ポンドの投資を公約(12/05)

ストック・スピリッツ、酒税増税で値上げへ(12/05)

英首相「デジタル税導入する」=米と衝突も(12/05)

リオ、南ア子会社の採掘停止=暴動激化で(12/05)

コネクテッド・カーブ、英でEVの無線充電(12/05)

JDスポーツ、タイの商業施設に4号店(12/05)

「第3の性」旅券記載巡り英控訴院が判断へ(12/05)

ロンドンでNATO首脳会議 団結目指すも足並みに乱れ(12/04)

衛星放送スカイ、エルスツリーに巨大撮影所(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン