• 印刷する

英・EU、交渉本格化で合意 サミットでの合意成立に可能性

英国と欧州連合(EU)加盟国は11日、EU離脱協定の見直しに関する協議を本格化させることで合意した。英国のバークレイEU離脱担当相とバルニエ首席交渉官の会談を受けたもので、八方ふさがりになりつつあった英国は一転して大きな進展を得た。10月末の離脱実現に向けては、次回のEU首脳会議(サミット)が合意成立の最後のチャンスとみられており、極めて重要な意味を持つ数日間となりそうだ。

ブリュッセルで会談したバルニエ首席交渉官(右)とバークレイEU離脱担当相(バルニエ首席交渉官ツイッターより)

ブリュッセルで会談したバルニエ首席交渉官(右)とバークレイEU離脱担当相(バルニエ首席交渉官ツイッターより)

バルニエ首席交渉官は会談後にツイッターを更新し、「今後数日間、建設的な精神を持って実務面での協議を本格化させる。EUは基本原則を守った上で、合意のためにできるあらゆる手段を尽くす」とコメント。詳細な会談内容については明かさず、取材陣に対しては「ブレグジットは山登りのようなもので、用心と決断力と忍耐が必要だ」と述べた。

両者の会談は、この前日にジョンソン英首相とアイルランドのバラッカー首相が会談し、「合意に至る道筋が見える」との共同声明を出したことを受けたもの。英政府とアイルランド政府は10日の両首相の会談内容について詳細を明らかにしていないが、アイルランドではジョンソン首相から「大きな動きがあった」と報じられている。英政府がアイルランド国境問題について、何らかの譲歩を提案したとの見方が出ている。

英政府がEUに提案した離脱後のアイルランド国境問題の解決策は、離脱協定に含まれる「バックストップ(安全策)」に代わるもので、英領北アイルランドが移行期間終了後の2021年から製品貿易でEU単一市場にとどまる一方、英本土と共にEU関税同盟を離脱する内容だった。しかしアイルランド政府は、北アイルランドがアイルランドと異なる関税領域に属する点に加え、北アイルランド議会にEU単一市場にとどまることについて判断を委ねることに難色を示していた。英政府もこの2点が引き続き課題であることを明らかにしている。

一方、EUのトゥスク大統領は、バラッカー首相から英国とEUの合意は依然として可能であるとの前向きな見方を受け取ったと表明。「もちろん成功する保証はなく、実際問題として時間切れが迫っている」としながらも、残されたわずかなチャンスを有効活用すべきだとし、「合意なしでのブレグジットはEUの選択肢になり得ない」と強調した。

EUサミットは10月17~18日に開かれる。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、移民数削減を公約 具体的目標や手法示さず(11/15)

ノルウェー政府基金、英G4Sの株式売却(11/15)

小売売上高、10月は0.1%減少(11/15)

ナショナル・グリッド、上半期は23%減益(11/15)

バーバリー、上半期は11%増益(11/15)

ロイヤル・メール、高裁がスト計画差し止め(11/15)

BHP、豪石油ガス資産の売却を検討か(11/15)

MaaSグローバル、BPなどが出資(11/14)

労働党、NHS予算拡大も 保守党上回る公約掲げる(11/14)

インフレ率、10月は1.5%に減速(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン