• 印刷する

英首相の議会閉会は違法 スコットランド裁、判決覆す

スコットランドの民事控訴院は11日、ジョンソン首相による議会閉会措置は違法との判断を下した。同首相の行為は「不適切に議会を妨害する目的」だとして、先の判決を覆した格好。ただ、英最高裁判所が最終判断を下すまでは、議会に対して休会を中止するよう求める命令は行わないとしている。BBC電子版などが伝えた。

民事控訴院の判事3人は満場一致で違法と判断。9月半ばに議会の閉会を宣言するようエリザベス女王に要請したジョンソン首相の決定は、権限を合法的に行使しているよりむしろ、「議会を破綻させるための戦術」だと説明した。なお、判決文の全文は13日に公表される見通し。

これを受け英政府は、最高裁に上訴する考え。同裁では17日に、この問題を巡るスコットランドとイングランドでの訴訟の審問が予定されており、英領北アイルランドのベルファストでも審問が続いている。

スコットランドの裁判は、欧州連合(EU)残留派議員75人から成る超党派のグループが8月に起こしたもの。首相の権限を超過しており、違法であるとともに憲法違反だと主張していた。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

「通商合意なき離脱」回避を 英自動車協会、英・EUに要請(11/25)

【欧州企業よもやま話】第319回:ジョセフジョセフ さりげない「キッチン革命」(11/25)

ロシア、対ベトナム輸出が増加=石炭は低迷(11/25)

イングランド、入国者の隔離期間短縮へ(11/25)

英政府、華為排除で新たな通信法案を提出(11/25)

シネワールド、7.5億ドルの資金確保(11/25)

ディアジオ、持続可能な10カ年計画を発表(11/25)

給食コンパス・グループ、通期は75.9%減益(11/25)

英オクトパス・エナジー、ドイツに本格進出(11/25)

イネオス、韓国・現代自と水素事業で提携(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン