• 印刷する

消費者信頼感、12月は悪化 対米貿易摩擦などが影響=GfK

市場調査会社GfKは28日、ドイツの12月の消費者信頼感指数が10.4ポイント(予測値)となったと発表した。前月から0.2ポイント低下し、市場予想を下回った。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の2つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

11月の詳報を見ると、「景気見通し」は17.4ポイントと1.6ポイント悪化。「収入の見込み」は50.2ポイント、「購買意欲」は57.5ポイントとそれぞれ4.2ポイント、1.6ポイント低下した。

GfKは今回の結果について、第3四半期(7~9月)のドイツ経済の伸び悩みが「景気見通し」に悪影響を与えたと分析。対米貿易摩擦やブレグジットといった経済的懸念事項が消費者の不安を増幅させていると指摘した。


関連国・地域: 英国ドイツEU米国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】自動車・暖房燃料の炭素価格引き上げ(03/01)

材料不足、紅海の影響じわり 独製造業=鉄道ストが追い打ち(03/01)

化粧品バイヤスドルフ、通期は3%減益(03/01)

三菱鉛筆、筆記具ラミーを子会社化(03/01)

鉄鋼ティッセン、高炉と圧延工場の閉鎖計画(03/01)

太陽光発電エンビリア、米投資会社が出資(03/01)

EUの難民申請件数、7年ぶりの高水準に(03/01)

与党FDP、電力ユニパー株の早期売却提案(03/01)

シュコダ、印で新モデル=小型SUV生産へ(02/29)

CO2貯留、連立与党が批判 経済相案=ガス発電の排出容認で(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン