• 印刷する

消費者信頼感、12月は悪化 対米貿易摩擦などが影響=GfK

市場調査会社GfKは28日、ドイツの12月の消費者信頼感指数が10.4ポイント(予測値)となったと発表した。前月から0.2ポイント低下し、市場予想を下回った。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の2つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

11月の詳報を見ると、「景気見通し」は17.4ポイントと1.6ポイント悪化。「収入の見込み」は50.2ポイント、「購買意欲」は57.5ポイントとそれぞれ4.2ポイント、1.6ポイント低下した。

GfKは今回の結果について、第3四半期(7~9月)のドイツ経済の伸び悩みが「景気見通し」に悪影響を与えたと分析。対米貿易摩擦やブレグジットといった経済的懸念事項が消費者の不安を増幅させていると指摘した。


関連国・地域: 英国ドイツEU米国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン