欧州航空・鉄道論

Sakai
航空・鉄道業界に精通するフリージャーナリストのさかいもとみ氏が、欧州の業界再編や新たなビジネス展開、日本企業の動きなどを捉えます。

筆者紹介

さかい・もとみ
1965年名古屋生まれ。日大国際関係学部卒。
香港で15年余り暮らしたのち、2008年8月からロンドン在住。在英ジャーナリストとして、東洋経済オンライン「鉄道最前線」、プレジデントオンライン、週刊エコノミストなど日本国内の媒体向けに記事を執筆。旅行業にも従事し、英国訪問の日本人らのアテンド役も担う。

すべての文頭を開く

【欧州航空・鉄道論】今やEVやFCVが主流=2階建てバス会社を訪ねて(05/10)

ADLファーンバラ拠点での公開イベント。参加者のほとんどは「バスが趣味」という人ら(筆者撮影)
ロンドンという街の代表的なアイコンとして知られる「赤い2階建てバス」。近年では、温暖化対策のため、よ…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】世界初の「無料化」から4年、ルクセンブルク交通機関のいま(04/08)

トラムはドア部分が原色に光るのが特徴(筆者撮影)
欧州西部の小国・ルクセンブルク。この国が世界で唯一とされる「公共交通機関の無料化」に踏み切ってから4…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】着想は日本のカプセルホテル? アイデア満載の新型寝台列車(02/09)

ナイトジェットは機関車が牽引。客車にモーターがないため走行中はより静かだ(筆者撮影)
欧州では人々の環境意識の高まりを背景に、長距離を移動する際、温室効果ガスの排出が顕著な航空機の代わり…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】「全員脱出」はやはり奇跡か?=羽田のJAL機炎上事故(01/23)

新年早々起きたJAL機と海保機の衝突事故=JALの全員救出劇は「奇跡的」と報道された(写真はイメージ)
2024年の新春早々、日本では痛ましい出来事が続発している。能登半島の地震は元旦から世界に広く知られるこ…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】「タリス」統合、メリットは? 5カ国つなぐ新生ユーロスター発進(2023/11/03)

特徴的な「タリスの赤色」はそのまま残された(筆者撮影)
この10月、フランス・ベルギー・オランダ・ドイツを結ぶ国際高速列車「タリス(Thalys)」が消滅した。同社…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】来夏に迫るパリ五輪 試金石のラグビーW杯で交通網混乱(2023/10/06)

ニースのスタジアム行きトラムに乗車しようとするラグビーファン(筆者撮影)
フランスでは現在、ラグビーワールドカップ(W杯)が開催されている。期間は9月8日~10月28日という長丁…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】正当なぼったくり? 旅行者向け割り増し運賃(2023/09/08)

オランダ鉄道の自動改札機(筆者提供)
欧州の交通機関を利用していると度々、「ぼったくり」と見受けられる価格設定を目にすることがある。慣れな…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】自腹は最終手段 欧州で鉄道が遅延・運休した場合(2023/08/04)

大幅な遅れで目的地に到着したDBの近郊列車(筆者撮影)
日欧で大きく異なる鉄道事情。日本では突然の遅延・キャンセルはそうそう発生しないが、欧州は違う。鉄道延…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】新時代の到来か 再生エネ鉄道車両の現状(2023/07/07)

フランクフルト中央駅を発車する近郊列車「RB15」(筆者撮影)
欧州の鉄道業界で、再生可能エネルギーを動力とする新型車両導入の動きが加速している。水素燃料電池(FC…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】仏政府のパフォーマンス? 国内短距離路線の禁止に意味はあるのか(2023/06/09)

ナント空港はパリ路線の禁止対象になった(筆者撮影)
フランスで5月23日、短距離の国内航空便の運航を禁じる法律が施行された。温室化効果ガスの排出を食い止め…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】英高速鉄道HS2の行方 全線開通はいつになる?(2023/05/05)

HS2車両の完成予想イメージ(日立製作所提供)
ロンドンとイングランド北部を結ぶ高速鉄道「ハイスピード2(HS2)」構想。2010年に当時の労働党政権が…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】57人死亡のギリシャ鉄道事故 「過去最悪」の被害で怒りの矛先は政府に(2023/03/10)

事故現場付近のラリサ駅(Phot by Stolbovsky/Wikimedia Commons)
ギリシャ中部ラリサ(Larissa)近郊で2月28日夜、旅客列車と貨物列車が正面衝突し、多数の死傷者が出る痛ま…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】ネパール墜落機は欧州製 事故原因はフラップの不具合か(2023/02/03)

事故機と同型のイエティ航空ATR72(photo by GB Ryan771/Wikimedia Commons)
ネパールのヒマラヤ山脈を望むリゾート地、ポカラで1月15日、イエティ航空のプロペラ機が墜落する痛ましい…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】超大型機が空へと復帰 今年の航空需要はどこまで伸びる?(2023/01/06)

BAが保有するエアバス「A380」(ヒースロー空港にて筆者撮影)
2020年春の新型コロナウイルス感染拡大から間もなく丸3年が経つ。日本ではこの年末年始が「第8波」のさな…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】スペイン高速鉄道網、世界初の3社競合 オープンアクセスで伊企業も参入(2022/12/09)

RENFEのAVE(左)とイリョの車両が並ぶバルセロナ・サンツ駅(筆者撮影)
高速鉄道網の総延長で欧州トップを誇るスペインでさる11月25日、新たな列車サービス「イリョ(iryo)」が商…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】鉄道遺産を保存し続ける英国の人々 キングスクロス駅開業170周年記念で古参SL登場(2022/11/04)

CENTENARY(100周年)の文字を掲げた「フライング・スコッツマン号(左)」(LNER提供)
さる10月14日、日本で鉄道が走り始めてから150周年を迎えた。1872年のこの日、いわゆる「陸蒸気」が東京・新…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】イノトランスで見た環境車両の行方 燃料電池車両に「待った」をかけた蓄電池車両(2022/10/07)

イノトランス会場のメインゲート(筆者撮影)
独ベルリンで9月20~23日、世界最大級の国際鉄道技術専門見本市「イノトランス(InnoTrans)2022」が開催さ…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】コロナ禍から脱却の欧州旅行市場 中・長距離LCCに勝算は?(2022/09/09)

オスロ空港に駐機するノルスの機体(後藤氏提供)
新型コロナウイルスが完全に終息していないにもかかわらず、今夏の欧州の主要な観光都市はどこもバカンス客…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】日立が乗車券のハンズフリー化を実現 イタリアで実用化した技術とは(2022/08/05)

車内と停留所からの信号を受け取り運賃が割り出される(筆者撮影)
日立製作所はこのほど、各種公共交通へのハンズフリーアクセスを可能にした統合ソリューションを発表した。…

続きを読む

【欧州航空・鉄道論】賃上げ完勝を狙う英運輸労組 33年前の栄光をなぞってスト実施(2022/07/08)

スト破りの就労阻止を意味する「ピケ(Picket)」の文字が目に付くロンドン地下鉄の駅頭(筆者撮影、6月21日)
英国で6月下旬、計3日間にわたる鉄道ストライキが行われた。これは昨今のインフレ加速に伴い、労働組合が…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン