【欧州航空・鉄道論】世界初の「無料化」から4年、ルクセンブルク交通機関のいま

欧州西部の小国・ルクセンブルク。この国が世界で唯一とされる「公共交通機関の無料化」に踏み切ってから4年が経った。財源の確保はもとより、保守整備や駅・停留所の管理に相当な費用がかかりそうだが、無料化は順調に維持されているように見える。今回のコラムでは、おりしも同…

関連国・地域: EUルクセンブルク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大統領、「外国の代理人」法案に拒否権行使(05/21)

欧州電力各社、再生エネ目標引き下げ相次ぐ(05/21)

ポーランド、国境警備強化に100億ズロチ(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

米EVテスラ、欧州フリート向けに値引き(05/21)

独、5年でGDP5.6%縮小も=EU離脱で(05/21)

中国、欧米産の工業用樹脂でダンピング調査(05/21)

欧州評議会、初のAI国際条約を採択(05/21)

モルドバ、EU加盟巡り国民投票=10月(05/20)

【EU環境規制・エネルギー】脱原発から1年、ドイツの電源に及ぼした変化(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン