ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策

Duch web
ドイツ在住のジャーナリストや研究者が、ドイツの環境政策や都市開発、エネルギー政策の動向などについて解説します。
すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】原発稼働延長と将来に向けた再エネへの投資(12/02)

ドイツのショルツ首相は10月17日、2022年末で停止予定だった原発3基を23年4月まで延長することを決めた。…

続きを読む

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】脱ロシアを巡るドイツの取り組み状況(09/02)

(筆者作成)
2月に始まったロシアのウクライナ侵攻以降、ウクライナやドイツ国民の一部は、ロシアからの石油・石炭・ガ…

続きを読む

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】欧州のガス供給を巡るドイツの状況(07/01)

連邦ネットワーク庁によるガス貯蔵シナリオとガス貯蔵法の定める水準(筆者提供)
ドイツ政府によると、6月14日以降ロシアからのガス流入量は最大容量の40%まで落ち込んでいる。このままで…

続きを読む

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】4月の再エネ法改正(05/06)

2021年末、ドイツではメルケル前首相の退陣とともに16年間続いた中道右派のキリスト教民主・社会同盟(CD…

続きを読む

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】気候保護法について(追記) 秋の総選挙に響く可能性も(2021/05/11)

ドイツの部門毎の温室効果ガス排出許容量(出所:ドイツの気候保護法)
※1990年を基準年としたとき、2022年に40%削減、30年に55%削減の道筋が明記されている
過去のコラムでは、ドイツではすでに「気候保護法」が策定され、2050年までに気候中立、30年までに55%削減…

続きを読む

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】ドイツの気候保護法と炭素税の導入(下)(2021/03/09)

前回のコラムでは、ドイツで導入された通称「炭素税」と呼ばれる「国内二酸化炭素(CO2)排出量取引制度…

続きを読む

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】ドイツの気候保護法と炭素税の導入(中)(2021/02/09)

nETS開始前後の違い(筆者作成)
前回のコラムでは、通称「炭素税」と呼ばれる「国内二酸化炭素(CO2)排出量取引制度」がドイツで導入さ…

続きを読む

ドイツの気候保護法と炭素税の導入(上) <ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策>(2021/01/12)

ドイツの温室効果ガス排出量の推移(出所:ドイツ連邦環境庁)
日本以上に甚大な被害を受けているコロナ禍においても、欧州の気候保護政策は減速していない。これまで欧州…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン