ドイツの気候保護法と炭素税の導入(上) <ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策>

日本以上に甚大な被害を受けているコロナ禍においても、欧州の気候保護政策は減速していない。これまで欧州連合(EU)では2030年までに40%の温室効果ガスの削減(1990年比)を目指していたが、その目標数値を55%削減に上方修正し、さらに「気候保護法」として法制化する動きが…

関連国・地域: ドイツEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第103回 乗用車の普及率高いルクセンブルク(12/09)

ベラルーシ、欧米諸国の食品禁輸=1月から(12/09)

プジョー、2030年までに欧州で全車両電動化(12/09)

オミクロン株、ワクチンで重症回避か(12/09)

ロンドン、最も渋滞が深刻な都市に(12/09)

露4地域、サハリン州に続き炭素取引に関心(12/08)

【月次リポート】欧州(11月)(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン