• 印刷する

英、北ア議定書を一部破棄へ 議会に法案=EUは法的措置も

英国政府は13日、欧州連合(EU)離脱協定に含まれる「北アイルランド国境問題にかかわる議定書」の一部を一方的に破棄する法案を議会に提出した。英本土から北アイルランドへの物品の流れを円滑にするため、北アイルランド内で消費される製品向けに通関検査の不要な「グリーンチャネル」を創設するとしている。欧州連合(EU)はこれに反発し、法的措置を検討する方針を示している。

北アイルランド議定書では、アイルランドと北アイルランドの間に厳格な国境を設けることを避けるため、英国のEU離脱後も北アイルランドがEUの単一市場にとどまることになっている。この結果、英本土と北アイルランドの間の物品のやりとりには一定の通関検査が発生し、北アイルランドの企業や住民に影響が生じている。

政府はこの日に提出した「北アイルランド議定書法案」で、北アイルランド向けの製品には「グリーンチャネル」を適用し、EUではなく英国の製品基準に準拠することを認める方針を示した。一方、北アイルランド経由でEU域内に入る製品向けには、北アイルランドに入る際に厳格な通関検査を伴う「レッドチャネル」を設置する。紛争処理の管轄権は、欧州司法裁判所から独立の仲裁機関に移す。また、北アイルランドの企業や住民が英本土と同じ減税や国家補助を受けられるようにするとしている。

これに対し、EU側の交渉を担当する欧州委員会のシェフチョビッチ副委員長(機関間関係・先見性担当)は、「この法案は議定書の中核的要素の適用を停止するもの」と批判。「一方的な措置は相互信頼を損なう」とし、英国に対する法的措置を検討する方針を示した。アイルランドのコーブニー外務・国防相も、同議定書を含むEU離脱協定は、英国のジョンソン首相がEUと交渉して2020年に調印したものだが、英国政府はその後、同議定書の大幅な改定をEUに要求していた。EUは議定書の内容の再交渉には応じず、代わりに通関手続きや検査の簡素化など実務面の見直しを提案したものの、英政府はこれを拒否していた。

北アイルランドでは、親アイルランド派のシン・フェイン党が同議定書を支持する一方で、親英強硬派の民主統一党(DUP)は破棄を求めている。2月には、DUPのギバン首相が同議定書に抗議して辞任した。5月の北アイルランド議会選挙では、シン・フェイン党が史上初めて首位に立ち、DUPは第2党に転落。両党は1998年のベルファスト合意に基づき政権を分かち合うことになっているが、DUPは同議定書の問題が解決するまで政権復帰に応じない姿勢を示している。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英下院の補欠選、与党が敗北 ジョンソン政権への不信感鮮明に(06/27)

BA、ヒースロー従業員が賃上げスト計画(06/27)

小売売上高、5月は0.5%減少(06/27)

GfK消費者信頼感、6月は過去最低(06/27)

バークレイズ、住宅金融専門会社を買収(06/27)

英、アフリカの水力発電所に2億ドル投資(06/27)

英、対露追加制裁を発表=禁輸項目を追加(06/24)

財政収支、5月は赤字縮小(06/24)

決済サムアップ、6億ユーロ弱調達(06/24)

CBI小売売上高、6月は悪化(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン