• 印刷する

英、企業の輸出力を底上げ 年間輸出高1兆ポンドの目標達成へ

英政府は17日、2030年までに年間輸出高を1兆ポンドに拡大する目標を掲げる新輸出戦略を公表した。英国輸出信用保証局(UKEF)のサービス拡大など12項目の輸出支援策を打ち出している。

英国の20年の輸出高は、製品・サービスを合わせて6,000億ポンドだった。政府は、国内企業のうち輸出を行う企業の比率が約1割にとどまっており、ドイツやデンマーク、オランダなどの欧州諸国に後れを取っていると指摘。英国企業の潜在的な輸出力を引き出す必要があるとしている。

新輸出戦略ではこれに向け、UKEFが新たなサービスを提供するほか、「英国見本市プログラム」を新設し、中小企業の出展を支援する。また、企業経営者向けの「輸出アカデミー」は、スコットランドやウェールズ、北アイルランドに拡大する。新戦略の12項目には、昨年10月に開設された対欧州輸出企業向けの単一窓口「輸出支援サービス」も含まれている。

保守党政権は12年、キャメロン元首相の下で20年までに輸出高を年間1兆ポンドに引き上げる目標を掲げ、15年の選挙公約でもこれをうたったものの、達成できなかった経緯がある。欧州連合(EU)離脱を受け、対EU輸出が減る中での目標達成はこれまで以上に困難との見方もある。予算責任局(OBR)は対EU輸出が長期的に15%減少するとの見通しを示している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

石油シェル、中核事業を統合 組織簡素化で業績強化=7月から(01/31)

BP、石油・ガスの長期需要見通し引き下げ(01/31)

格安スーパーのリドル、英生産者へ投資拡大(01/31)

ユニリーバ、ハインツ元幹部を新CEOに(01/31)

地域航空フライビー、2度目の経営破綻(01/31)

保険L&G、CEOが引退=後継者探し開始(01/31)

ロンドン超高級オフィスビル、香港社が取得(01/31)

英、長期経済成長構想を発表 グリーン産業などの投資促進へ(01/30)

チェコ金融クレディタス、英発電会社を買収(01/30)

セインズベリー、ベストウェイが株式取得(01/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン