• 印刷する

英とNZ、FTA大筋合意 CPTPP加盟交渉に弾み

英政府は20日、ニュージーランドと自由貿易協定(FTA)で大筋合意した。英国の国内総生産(GDP)を押し上げる効果はほとんどないが、英国が来年末までの妥結を目指す「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP、通称TPP11)」加盟への足掛かりになると期待している。

ジョンソン英首相とニュージーランドのアーダン首相はこの日、ビデオ通話で協定に合意。交渉は16カ月に及んだ。ジョンソン氏は「協定により輸出業者のコストが削減され、ニュージーランドの雇用市場が英国の専門職に開かれる」と述べた。協定では、6月に大筋合意したオーストラリアとのFTAと同様に、英国の農業市場が開放される。また自動車や繊維製品などの英国製品の関税が撤廃され、弁護士や建築士など英国の専門資格がニュージーランドでも認められる。

ただ、英国の貿易高に占めるニュージーランドの割合は0.2%弱しかなく、このFTAがGDPを押し上げる効果は、あったとしても0.01%程度にすぎない。しかし英政府は、同国やオーストラリア、カナダ、日本など11カ国が加盟するCPTPPの加盟交渉に弾みがつくとみている。

合意に対して全国農業者連盟(NFU)は、英国の農家に打撃を与え、食品の基準を引き下げる可能性があると指摘。同連盟のバターズ会長は、「英国の農家にはほとんど見返りもなく、大量の輸入食品に門戸を開くもの」と批判している。これに対してトレベリアン国際貿易相は、「双方向で農産物を共有する機会が得られる」として、英国の農家が心配する必要はないと述べている。


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン