• 印刷する

英給油所、燃料車の運転手不足で一部閉鎖

英国のトラック運転手不足の影響が食品業界以外にも波及している。同国の石油メジャーのBPは、燃料タンクローリーの運転手が不足し、ガソリンと軽油が配達されないとして、一部給油所を一時的に閉鎖した。米同業エクソンモービルも、スーパー英最大手のテスコと展開する給油所の一部で営業を停止している。BBC電子版などが23日伝えた。

BPは英国で給油所1,200カ所を展開。閉鎖したのはそのうち10カ所程度という。エクソンモービルは、200カ所あるテスコ給油所のうち数カ所を閉鎖した。両社とも、影響を最小限にとどめるために、業者と協力して問題解決に取り組んでいるとしている。

こうした事態を受けて英政府は、「国内で燃料が不足しているわけではない。普段通りに給油に行くべき」と述べた。

一部報道によると、政府は軍を投入して兵士にタンクローリーを運転させることを検討している。これについてシャップス運輸相は「それが有効な手立てであるなら、そうする」とコメント。ただ、軍人が民間の車両を運転することに関する規制上の問題があると指摘した。

英国では現在、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)とブレグジットの影響で、約10万人の大型トラック運転手が不足している。

英国の道路運送協会(RHA)は政府に対し、外国人労働者のビザ(査証)発給要件を緩和し、外国人運転手を増やすべきと呼び掛けている。これに対しシャップス運輸相は、欧州連合(EU)から安価な労働力が流入すれば英国人運転手の賃金低下を招くとして難色を示している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

英とNZ、FTA大筋合意 CPTPP加盟交渉に弾み(10/22)

英、新規感染者10万人到達も=保健相(10/22)

日本など、気候変動の報告書の変更要求か(10/22)

財政赤字、9月は大幅縮小(10/22)

欧州中銀、銀行業務の域内移管へ指導強化(10/22)

バス運営フリックス、グレイハウンド買収(10/22)

バークレイズ、第3四半期は2.4倍に増益(10/22)

ユニリーバ、第3四半期は2.5%増収(10/22)

バーバリー、ヴェルサーチェCEO引き抜き(10/22)

英国製ワクチン、マレーシアに60万回分到着(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン