• 印刷する

TPP加盟へ正式交渉開始 英国、アジア地域との関係重視

英国政府は22日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)加盟に向けた交渉を正式に開始した。トラス国際貿易相とTPPの輪番議長国を務める日本の西村経済再生担当相がオンラインで会談した。欧州連合(EU)を離脱し、広く世界に貿易パートナーを求める英国は、成長性の高いアジア・太平洋諸国が参加するTPPを重視している。

英国は2月にTPPへの加盟を正式に申請し、6月初めに加盟手続きが開始されていた。トラス氏は今回、「TPP加盟により、英国が独立した貿易国家であり、自由で公正な貿易を支持する姿勢であることを世界に強力に示すことができる」とあらためて強調した。

TPP加盟国間では、輸入関税の95%が撤廃される。現在の加盟国は、日本とカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ブルネイ、メキシコ、チリ、ペルーの11カ国。

英国は、アジア太平洋地域以外では初の加盟国候補となる。英政府は、「英国の加盟により、TPPは真にグローバルな自由貿易圏になる」とともに、加盟国の国内総生産(GDP)が世界経済に占める比率も13%から16%へと拡大するため、「この自由貿易圏の重要性を強力にアピールできる」としている。


関連国・地域: 英国アジア中南米カナダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

富士フイルム、工場規模倍増 バイオ医薬品拠点で英最大規模に(12/03)

GSKのコロナ治療薬、変異株にも有効(12/03)

英国製ワクチン、血栓症の原因解明=論文(12/03)

英米間の鉄鋼関税交渉、北ア問題巡り膠着か(12/03)

ヒースロー、赤リスト国向けターミナル開設(12/03)

スコットランド独立支持派、55%に拡大(12/03)

英首相、昨冬の官邸パーティーに出席か(12/03)

英当局、米メタにジフィー売却を指示(12/02)

エルステッド、アマゾンに再生エネ追加供給(12/02)

モリソン、養鶏飼料の大豆を昆虫に切り替え(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン