上院、国内市場法案に「遺憾」示す修正可決

英上院は21日、欧州連合(EU)離脱協定の一部をほごにする英国の国内市場法案の修正案を395対169の賛成多数で可決した。同法案の内容を「遺憾とする」との一文を付け加えるもので、同法案を推進する政府にとっては敗北となる。 修正案は、「法の支配を損ない英国の名声を傷つけ…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

英、エストニアとラトビアを隔離対象国に(11/30)

英・EUの対面交渉が再開 バルニエ交渉官がロンドン入り(11/30)

英当局、アストラゼネカのワクチン査定へ(11/30)

「トップショップ」のアルカディアが破綻も(11/30)

家電ダイソン、新技術に27.5億ポンド投資(11/30)

BP、中東の油ガス田への投資拡大へ(11/30)

タイ財閥のテスコ買収、競争委元委員が異議(11/30)

英・ポルトガル不動産、マカオ市民が熱視線(11/30)

金融スタンチャート、アジア地区CEO指名(11/30)

イングランドの警戒水準公表 大半地域が厳格な規制対象に(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン