• 印刷する

英国とEU、貿易交渉を開始 漁業や金融など10分野ごとに協議

英国と欧州連合(EU)は2日、将来的な貿易関係の交渉を開始した。ジョンソン英首相の欧州顧問を務めるデービッド・フロスト氏はこの日午後、総勢100人の交渉団を率いてブリュッセル入り。バルニエ首席交渉官率いるEU側の交渉団と、漁業から金融サービスまで10分野の作業部会に分かれて専門的な協議を行う。

作業部会は、製品貿易◇サービス貿易・投資◇運輸(航空)◇エネルギー(民間原子力協力)◇漁業◇オープンで公正な競争のためのレベル・プレイング・フィールド◇法執行・犯罪問題における司法協力◇EUプログラムへの参加◇移動・社会安全保障協力◇テーマ別協力◇水平的アレンジメント・統治――の10分野にわたる。

英国とEUはそれぞれ先に示した交渉方針で、包括的な自由貿易の締結を目指すとしている。ただ、EUが英国の規制緩和により域内企業が競争上、不利になることを恐れ、同国に今後もEU規制との連動を求めているのに対し、主権奪回をEU離脱の主眼とする英国はこれに強く反発している。

英国のEU離脱後の移行期間は12月31日に終了する。この日までに貿易協定が締結されない場合、来年以降の英・EU間の貿易には世界貿易機関(WTO)ルールが適用されることになる。英国は、6月末までに合意のめどが立たなければ、交渉を打ち切り、WTOルールの導入準備に着手するとしている。

今回の交渉は3月5日まで。今後、2~3週間ごとにブリュッセルとロンドンで交互に交渉が行われる。現時点で5月中旬の第5ラウンドまで予定されており、双方が合意した場合に追加ラウンドを実施する。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

JAL、8月から独仏路線が週3便に回復(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン