英、EU離脱後も米産鶏肉などの禁輸維持へ

英政府は、欧州連合(EU)離脱後も米国からの塩素消毒された鶏肉とホルモン剤入り牛肉の禁輸措置を継続する方針のようだ。これにより、米国との貿易交渉が困難になる可能性もある。ビリアーズ環境・食料・農村相へのインタビューを元に、BBC電子版などが伝えた。 それによる…

関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱法案の修正案を可決 上院、在英EU市民の権利など(01/22)

失業率、11月は横ばいの3.8%=3カ月連続(01/22)

フェイスブック、ロンドンで1千人雇用へ(01/22)

トークトーク、光ファイバー事業を売却(01/22)

バークレー兄弟、リッツ・ホテル売却か(01/22)

GKN、EV向け次世代技術で台湾社と提携(01/22)

イージージェット、第1四半期は9.9%増収(01/22)

英政府、テロリストの早期釈放見直し(01/22)

英国の「最安スーパー」はセインズベリー(01/22)

HS2総工費がさらに膨張も 諮問委が最大1060億ポンドと指摘(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン