• 印刷する

英、全国生活賃金引き上げへ 2016年以降最大の6.2%

英政府は2019年12月31日、25歳以上の労働者を対象とする法定最低賃金の「全国生活賃金」を4月から6.2%引き上げると発表した。伸び幅はインフレ率(1.5%)の4倍超となり、2016年以降で最大。小売業界や保健医療業界を中心に、300万人近くの労働者が恩恵を受ける見込みだ。

25歳以上の労働者の時給は、従来の8.21ポンドから8.72ポンドに上昇する。若年層の最低賃金も併せて引き上げられ、21~24歳は8.2ポンド、18~20歳は6.45ポンド、18歳未満は4.55ポンドとなる。

昨年12月12日に実施された総選挙では、与党・保守党が下院(定数650)で単独過半数となる365議席を獲得し、歴史的な大勝を収めた。その背景には、ブレグジットを巡る先行き不透明感に伴い、最大野党・労働党の支持基盤である労働者階級が保守党に票を投じたことがある。ジョンソン首相はこうした有権者の信頼を得るため、全国生活賃金を大幅に引き上げるに至った。

しかし商工会議所は、経済の先行き不透明感に直面する企業にとって、インフレ率を上回る最低賃金の引き上げを行うには厳しいタイミングだと指摘。キャッシュフローの押し下げ、研修や投資への予算縮小に懸念を示した上で、英政府は他の予算を減らすなどして、最低賃金引き上げのコストを相殺する必要があるとした。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

チェコのEPH、英領北アの発電所を刷新(07/13)

英、入国後の自主隔離を撤廃 観光・航空業界の回復後押し(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

イングランド、25日からジムやプール再開(07/13)

英政府の新道路計画、EV排出削減量を相殺(07/13)

HSBC、ベトナムで再生プラ工場に融資(07/13)

ユーロスター、オランダと英国間の時間短縮(07/13)

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン