• 印刷する

ジョンソン首相、公約実現誓う 離脱法案は20日にも審議再開

英下院(定数650)選挙で単独過半数議席を獲得した与党・保守党を率いるジョンソン首相は16日、保守党の新人議員を迎え、来年1月末の欧州連合(EU)離脱や地方都市への大型予算投入といった公約の実現を誓った。下院では20日にも、EU離脱協定法案(WAB)の審議が再開される見通し。フィナンシャル・タイムズなどが伝えた。

それによると、保守党はEU離脱後、国際貿易、対内投資、新たな地域政策を担うビジネス関連の省庁を新設する方針。ジャビド財務相は2~3月中に予算案を発表するとされ、インフラ改善に向けた予算1,000億ポンドの一部を充てた地方公共交通基金を通じて、向こう5年間でイングランド中部と北東部に大規模な投資を行うとみられる。その一つがイングランド北部の交通網整備プロジェクトで、リバプール―ニューカッスル間の新たな高速鉄道「ノーザン・パワーハウス・レール(NPR)」には390億ポンドが充てられる見込み。

保守党からは今回、新たに109人の下院議員が誕生する。うち数人は20代で、最大野党・労働党の地盤だった北部で予想外の勝利を収めた。一方で、ジョンソン首相は16日に内閣改造に着手。変更は小幅にとどめ、辞任したり議席を失ったりした議員の補填(ほてん)を行うとみられる。

下院では17日にリンジー・ホイル議長(労働党出身)の再任投票を行う。19日に女王の施政方針演説とともに開会する予定で、演説には国民医療制度(NHS)への投資をはじめとする保守党の選挙公約も含まれる見通しだ。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英政府、マンチェスターの警戒水準引き上げ(10/21)

英EU交渉、合意可能性6割か 専門家3人招きセミナー=弊社主催(10/21)

ヒースロー空港、迅速検査の提供開始(10/21)

NEC、オランダでオープンRAN技術試験(10/21)

破綻のフライビー、来年早期に運航再開も(10/21)

食品フィンネブローグ、代替肉工場を新設(10/21)

英政府「ドアまだ開いている」 対EU交渉、水面下で協議続く(10/20)

日立ABB、英仏海峡の送電線で通電試験(10/20)

ハイネケン、パブ経営者への不当圧力で罰金(10/20)

金融カルロック、破綻の印航空会社を取得へ(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン