• 印刷する

Ifo、来年の成長率見通し引き下げ

Ifo経済研究所は12日、ドイツの今年の国内総生産(GDP)成長率が0.5%になるとの見通しを発表した。前回9月時点の予測を維持。2020年の成長率見通しは1.1%となり、2021年には1.5%に加速すると見込むものの、いずれも前回予測から0.1ポイント下方修正している。

Ifoは、製造業は不振だが、現時点でドイツ経済全体が本格的なリセッション(景気後退)に陥る恐れはないと分析。英国の欧州連合(EU)離脱や米中貿易摩擦などにより、不透明な状況は続くとみている。

就業者数は、今年は4,525万1,000人、来年には4,542万人に増えると予想。失業率は今年に5%、来年に4.9%にそれぞれ改善するとみる。インフレ率は、今年は1.4%に減速するが、来年は1.5%にやや加速するとみる。

財政収支については、今年の黒字額は550億ユーロに達するものの、来年は305億ユーロにとどまる見通し。経常黒字は今年が2,520億ユーロ、来年には2,710億ユーロになると予測している。

なお、欧州委員会は秋季経済見通しの中で、今年のドイツのGDP成長率予測を0.4%とし、夏季見通しから0.1ポイント引き下げている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

VW、排出量目標の未達で罰金1億ユーロも(01/22)

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

独スペイン2社、オランダの通信塔事業統合(01/22)

独、IT機器購入支援策を導入(01/22)

独政府、ノルドストリーム2完成方針を維持(01/22)

マイテレサ、NY上場=時価総額22億ドル(01/22)

OKI、独自動車規格の試験に一貫対応(01/22)

メルセデス、テスラのインド市場参入を歓迎(01/22)

封鎖措置を2月半ばまで延長 ドイツ、マスク着用義務など強化(01/21)

生産者物価、12月は0.2%上昇(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン