• 印刷する

独景気期待指数、大きく上昇 世界経済の上向きに期待

欧州経済研究センター(ZEW)は12日、11月のドイツの景気期待指数がマイナス2.1ポイントになったと発表した。前月から20.7ポイント上昇。貿易摩擦への懸念緩和などから、世界経済の状況が上向くことへの期待感がにじんだ。

景気期待指数は向こう6カ月間に国内経済が「改善する」と回答した割合から「悪化する」の割合を差し引いて算出する。今回の調査は11月4~11日に、アナリスト200人に見通しを尋ねた。現況指数はマイナス24.7ポイントと10月から0.6ポイント改善した。

ZEWのアヒム・ワンバッハ所長は「近い将来に世界経済の状況が上向くとの期待が広がっている」と指摘。背景には、英国の合意なき欧州連合(EU)離脱や米国の対EU自動車輸入関税引き上げ、米中の本格的な貿易戦争が避けられるとの見通しがあるとした。

なお、ユーロ圏の11月の景気期待指数はマイナス1ポイントと、こちらも前月から大きく22.5ポイント上昇。現況指数は6.8ポイント上がり、マイナス19.6ポイントとなった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独議会、経済支援策を可決 新型コロナ対策で7500億ユーロ(03/27)

消費者信頼感、4月は過去10年超で最低(03/27)

ルフトハンザ、無料の予約変更期間を延長(03/27)

VW「独自動車市場は夏には回復」(03/27)

ボッシュ、新型コロナ検査キットを開発(03/27)

欧州委員長、外資による欧州企業の買収懸念(03/27)

プファイファー、通期は29.8%減益(03/27)

メルケル首相、新型コロナ検査2度目も陰性(03/27)

Ifo企業景況感、3月は過去11年弱で最低(03/26)

VW、ドイツ工場で労働時間短縮へ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン