• 印刷する

「合意への道筋見いだせる」 英愛の両首相、会談で好感触

ジョンソン英首相は10日、アイルランドのバラッカー首相と会談し、英政府が先に欧州連合(EU)に提出した離脱案について協議した。両首相は会談後に「合意への道筋を見いだせるとの見解で一致した」との共同声明を出した。英国とEUの合意の鍵を握るバラッカー首相は、英政府の離脱案に前日まで難色を示していたが、直接会談で潮目が変わったようだ。

会談に臨むジョンソン首相(右)とバラッカー首相(英首相官邸ツイッターより)

会談に臨むジョンソン首相(右)とバラッカー首相(英首相官邸ツイッターより)

会談は、イングランド北西部リバプール近郊にあるソーントンマナーで開かれた。両首相は2時間にわたって話し合いを続け、2人だけで外を歩きながら一対一で討議する場面もあった。

共同声明では「詳細で建設的な協議を行った。双方は引き続き合意成立が全ての人の利益に適うと確信している」とコメント。さらにバラッカー首相は、会談が「前向きなものだった」と評価し、「ブリュッセルでの交渉を再開するのに十分値する」と好感触を示した。

今回の会談結果を受け、交渉関係者は引き続きそれぞれの作業に集中的に取り組む。バラッカー首相は自国のブレグジット対策本部との協議に戻るほか、英国のバークレイEU離脱担当相とEUのバルニエ主席交渉官は11日に協議の場を持つ予定だ。

英政府がEUに提案した離脱後のアイルランド国境問題の解決策は、離脱協定に含まれる「バックストップ(安全策)」に代わり、英領北アイルランドが移行期間終了後の2021年から製品貿易でEU単一市場にとどまる一方、英本土と共にEU関税同盟を離脱する内容。ただし、通関検査は国境ではなく、サプライチェーンのいずれかの時点で実施するとしている。

これに対してバラッカー首相は、当初から北アイルランドがアイルランドと異なる関税領域に属する点に難色を示していた。ただ、同首相は会談前にアイルランド議会に対し、政府は合意を望んでおり離脱期限ぎりぎりまで努力するとの方針を明らかにしていた。10月17~18日に開かれるEU首脳会議(サミット)は、アイルランドの意向に沿って話し合いが進められるとみられ、今回の会談の結果は大きな影響を与える。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン都市圏への投資拡大 FDI件数、23年は欧州トップ(07/12)

英新首相、米・ウクライナ大統領と初会談(07/12)

スコットランド最大のEV充電ハブが稼働(07/12)

ヒースロー空港、着陸料引き下げへ=CAA(07/12)

トタル、UAEのLNG事業に出資参画(07/12)

マスダール、北海の風力発電で開発許可申請(07/12)

英富裕層、6分の1が国外流出=28年までに(07/12)

防衛技術ヘルシング、4.5億ユーロ調達(07/12)

新政権、投資促進へ基金設立 200億ポンドの民間投資誘致(07/11)

新政権の基金、目標達成には追加投資が必要(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン