• 印刷する

EU、週末に英合意巡る判断 仏大統領「原則尊重か見極め」

ジョンソン英首相とマクロン仏大統領は6日、電話会談を行い、英政府が先に欧州連合(EU)に提出した離脱案について協議した。マクロン大統領はこの中で、今週末までに合意が可能かどうかの判断を下す方針を示した。BBC電子版が伝えた。

ジョンソン首相はマクロン大統領に対し、EUはブレグジットが10月31日以降に延期されるという考えに惑わされるべきではないと強調。合意は可能との考えを示した上で、「英国と同じようにEUも譲歩するべき」と訴えた。これに対しマクロン大統領は、「EUの原則を尊重する合意かどうかを週末までに判断できるよう、向こう数日にEUのバルニエ首席交渉官との交渉を迅速に進める必要がある」と話した。

EUと英国の交渉チームは今後も、10月17~18日に開かれるEU首脳会議(サミット)までの合意成立を目指し協議を続ける。ジョンソン首相は、スウェーデン、デンマーク、ポーランドの首脳と電話で会談する一方、バークレイEU離脱担当相はEU加盟各国を歴訪する。

ジョンソン首相は、先に成立した「ベン法」により、10月19日までにEUとの合意を取り付け、英議会がこれを承認するか、合意のないまま離脱することを議会が承認しなければ、来年1月31日までの離脱延期をEUに要請するよう義務付けられている。


関連国・地域: 英国フランスEU
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン