• 印刷する

首相、EUに近く代替案提案 「北アの通関検査は必要」

ジョンソン英首相は1日、公共放送BBCのラジオインタビューで、欧州連合(EU)離脱後のアイルランド国境問題の解決策である「バックストップ(安全策)」の代替案を近々、EUに正式提案する方針を示した。詳細は明らかにしていないが、英領北アイルランドとアイルランドとの間で何らかの通関検査を行う一方、家畜や農畜産物については検査を免除する可能性も示唆している。

同首相は、EU離脱後にアイルランド島内で通関検査の必要性が生じるのがブレグジットの「現実だ」とコメント。「主権国家は単一の関税領域を有するべき」との考えを示した。ただ、アイルランド国境を超える通商の大部分を占める家畜や農畜産物については島内の「単一領域」を受け入れる可能性を示した。「検疫ルールはEUが決めることになり、英国に発言権はなくなる」とし、「英政府にとっては大きな譲歩だ」と話した。

英国とアイルランドの一部メディアはこの日未明以降、英政府がアイルランド国境から8~16キロ離れた場所に一連の通関所を置く案を検討中と報じていたが、同首相はこの日朝のBBCのテレビインタビューでこれを否定。「それは古い案で、EUに提出する予定の案ではない」としている。この案を巡っては、アイルランドのコーブニー副首相兼外務・貿易相が「話にならない」と否定的な見方を示していた。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル、災害事態宣言を30日まで延長(05/17)

2回目ワクチン投与前倒しも 英政府、インド型変異株拡大で(05/17)

賃貸物件の強制退去、6月から再開(05/17)

アマゾン、年内に英国で1万人超を正規雇用(05/17)

GFG、豪の再生エネ事業の売却検討(05/17)

ロンドンの有名人所有住宅、香港で人気上昇(05/17)

ケアン・エナジー、印で賠償受け取りに躍起(05/17)

日立製車両の復旧計画で合意 鉄道各社、順次サービス再開(05/14)

人口当たり感染率、3月末から半減=調査(05/14)

通信BT、通期は6%減益(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン