• 印刷する

英首相、欧州委員長と初会談 EU離脱の合意成立に意欲

ジョンソン首相は16日、ルクセンブルクで欧州委員会のユンケル委員長と会談し、英国の欧州連合(EU)離脱について協議した。両氏の会談は、同首相の就任後で初めて。ジョンソン首相はこの会談で、EUとの合意成立に意欲を示す一方、合意がまとまらなければ離脱延期は要請せず、予定通り10月31日にEUを離脱する意向をあらためて示した。

ジョンソン首相は、1998年に北アイルランド紛争の終結と和平実現に向けて結ばれたベルファスト合意を順守すると同時に、EU離脱協定から「バックストップ(安全策)」を取り除き、英議会での可決が可能な合意に達する決意を示した。これに対しユンケル委員長は、「離脱協定と合致し、法的に実行可能な解決策を提出する責任は英国にある」と指摘。そうした提案があれば、バックストップの目的を満たすかどうかを前向きに検討するとした上で、「そのような提案はまだ受け取っていない」としている。

会談には、EUのバルニエ首席交渉官と、英国のバークレーEU離脱相およびフロスト離脱交渉担当官も同席。双方は今後、交渉をさらに加速させることで合意した。

なお、ジョンソン首相はこの後、ルクセンブルクのベッテル首相とも会談。その後に建物の外で記者会見が予定されていたが、ブレグジット反対派の市民数百人が会場前で抗議デモを実施したため、急遽出席をとりやめた。単独で会見に臨んだベッテル首相は「バックストップの代替案はまだ受け取っていない」とした上で、「ブレグジットはEU市民にとって悪夢」とコメント。「この危機の責任は英国にある」と訴えた。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

「日本と北欧」を一つの場所で ロンドンにコンセプトストア(09/23)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

ユニリーバ、オランダ株主が本社一本化支持(09/23)

ウィットブレッド、最大6千人整理(09/23)

キングフィッシャー、上半期は23.1%増益(09/23)

HSBC、香港で基本サービスの手数料廃止(09/23)

英でのワクチン開発中断、韓国社に影響も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン