• 印刷する

英愛首相、会談もなお隔たり 英議会は早期総選挙を再び否決

ジョンソン英首相は9日、アイルランドの首都ダブリンで同国のバラッカー首相と会談した。英国の欧州連合(EU)離脱で争点となっているバックストップ(安全策)問題について協議したものの、両者間にはなお大きな隔たりが残った。一方、英議会を先に通過した合意なき離脱を阻止する法案は、この日に正式に成立。ジョンソン首相はこれに対抗し、下院で10月15日に総選挙を実施する案の採決を行ったものの、野党各党の反対により否決された。10日未明(現地時間)の議事終了をもって、議会は今会期を終了した。

バラッカー首相は会談前の記者会見で、「バックストップは依然として離脱協定に欠かせない要素だ」と強調。「代替案があれば検討するが、それは現実的で法的拘束力があり、実行可能なものでなければならない」と指摘し、「そのような代替案はまだ受け取っていない」と話した。これに対しジョンソン首相は「合意なき離脱は政治的失敗であり、その責任は我々がすべて負うことになる」と訴えた。会談後の共同声明では、「議論は初期段階にあり、一部の分野では共通点が確認されたものの、なお大きな隔たりが残る」としている。

合意なきEU離脱の阻止に向けた法案は、この日に女王の勅許を得て法律として成立した。これによりジョンソン首相は、10月19日までにEUと合意を取り付け、英議会がこれを承認するか、合意のないまま離脱することを英議会が承認しなければ、離脱期限を現行の10月31日から来年1月31日まで延期するようEUに要請することを義務付けられる。同首相はかねて、離脱を延期するなら「死んだほうがまし」としており、この法律に従うかどうかが注目されている。

同首相は離脱延期を回避する一手として、10月15日の総選挙実施を狙っていたが、英最大野党・労働党やスコットランド民族党(SNP)、自由民主党、ウェールズ党などは、同首相がEUから離脱延期を確保するまで早期総選挙の実施には応じない方針。下院ではこの日、早期総選挙を求める動議と審議が開始。与野党の白熱した議論は10日も続いたが、採決では実施に必要な票数を確保できず、再び否決された。

議会は今後、10月14日まで休会となり、一切の審議が停止される。ジョンソン首相が先に、合意なき離脱の阻止に向けた法案の可決を避けるため、9月半ばに議会を閉会することを決めていたため。結局、その目的は果たせず、10月中の解散総選挙の道も閉ざされたジョンソン氏は、休会中に態勢の立て直しを迫られる格好となる。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

接触追跡プログラム、イングランドで開始(05/29)

日産、バルセロナ工場を閉鎖 英サンダーランド工場は維持(05/29)

イージージェット、従業員を最大3割削減へ(05/29)

イーストミッドランズの交通整備計画を公表(05/29)

英、人口当たり新型コロナ死者数が欧州最多(05/29)

CKハチソン、O2買収阻止で欧州委に勝訴(05/29)

英政府、一時帰休手当の新規受け付け終了へ(05/28)

スーパー売上高、直近12週間は14.3%増加(05/28)

EDF、サイズウェル新原発の建設計画申請(05/28)

英政府、COP26開催の来秋延期を提案(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン