• 印刷する

野党、総選挙先延ばしで合意 合意なきEU離脱阻止に向け結束

英最大野党・労働党とスコットランド民族党(SNP)、自由民主党、ウェールズ党は6日、ジョンソン首相が欧州連合(EU)から離脱の延期を確保するまで、早期総選挙の実施には応じないことで合意したもようだ。10月31日のEU離脱実現に向け、10月15日の早期総選挙を狙う同首相にとっては痛手となる。BBC電子版が6日伝えた。

ジョンソン首相が先に下院に提出した早期総選挙を求める動議は、4日に否決されたものの、同首相は9日にあらためて同様の採決を行う方針。これに向け、労働党のコービン党首や自民党のスウィンソン党首、下院でSNP議員を率いるブラックフォード議員、下院でウェールズ党議員を率いるロバーツ議員は5日、合意なき離脱が回避されたことを見届けない限り総選挙に応じないことで合意した。一方、与党・保守党に閣外協力する北アイルランドの民主統一党(DUP)と、合意なき離脱を求めるブレグジット党は、早期の総選挙を支持している。

下院では先に、英国の合意なきEU離脱の阻止に向けた法案が可決。6日には上院を通過した。この法案は、10月19日までにEUと合意を取り付け、英議会がこれを承認するか、合意のないまま離脱することを承認しなければ、来年1月31日までの離脱延期をEUに要請するよう首相に義務付けるもの。9日には法制化される見込みで、法案を提出した野党議員らはジョンソン首相が新法に従わない場合、同首相を提訴することも視野に入れているという。

一方で、ジョンソン氏は既に総選挙を意識した政策を展開しており、5日にはイングランド北部ヨークシャーで、整列した警察官を背景に、警察予算の拡大方針をアピール。ただ、一部では警察管を事実上の選挙演説に利用したとの批判を浴びている。同首相は6日にはスコットランドを訪れ、同地域の農家向けの支援拡大を打ち出した。スコットランドでは先に、同党の支部であるスコットランド保守党のルース・デービッドソン党首が辞任。反ジョンソン派として知られる同氏は、前回選挙で保守党の議席大幅増に貢献しただけに、スコットランドでは保守党の苦戦も予想されている。

ただ、いずれかの時点で総選挙が繰り上げ実施される可能性が高まっていることを受け、国民の間でも若年層を中心に選挙名簿登録の動きが活発化している。英政府の統計によると、4日には1日で8万2,000人以上が手続きし、5日までの3日間で20万人近くが登録を申請。新たな選挙登録者の半数以上は35歳以下が占めている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン