独経済、ブレグジットが押し下げ要因に

英国の欧州連合(EU)離脱は、ドイツ経済にとって、世界的な貿易摩擦や自動車産業の不振と並ぶ押し下げ要因となっているもようだ。第2四半期(4~6月)の対英輸出高は前期比21%減と、金融危機以来の落ち込みを記録。同期の国内総生産(GDP)を0.1%押し下げた。フィナンシ…

関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

失業率、6月は6.4%に悪化(07/02)

ドイツ小売売上高、5月は13.9%増加(07/02)

独企業、ノルドストリーム2への米制裁反対(07/02)

ワイヤーカード、管財人が分割売却を検討(07/02)

ドイツ最低賃金、段階的に11.8%引き上げへ(07/02)

シーメンス、台湾社と設備監視システム開発(07/02)

独、EU理事会議長国に就任 新型コロナ危機からの復興に注力(07/01)

フレイザーズ、ヒューゴ・ボスへの出資増(07/01)

ビルフィンガー、エジプトでコンサル契約(07/01)

アリアンツ、韓国社と不動産投資で提携(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン