• 印刷する

英・EU、離脱交渉を週2回ペースに加速へ

ジョンソン首相は8月29日、欧州連合(EU)との離脱交渉を加速させる方針を明らかにした。離脱期限が約2カ月後の10月31日に迫る中、合意の達成に向け週2回のペースで協議を行う。BBC電子版が伝えた。

英国のデービッド・フロスト首席交渉官は28日、ブリュッセルを訪れ、交渉の頻度を週2回に増やすことで合意した。同首相はこれについて、「ここ数週間のEU首脳との協議から、非民主的なバックストップ(安全策)に代わる措置について交渉する意欲を感じられた」とした上で、「今こそ双方が交渉のテンポを引き上げる必要がある」と話した。

EUは10月17日に首脳会議(サミット)を開く予定のため、この日までに交渉がまとまらなければ合意に基づく離脱は困難になる。ジョンソン首相はかねて、合意の有無にかかわらず10月31日にEUを離脱する決意を示している。

同首相は先に、9月9日の週に議会の今会期を終了する異例の措置をとった。遅くとも9月12日までにエリザベス女王が閉会を宣言する見通しで、10月14日に新会期が始まるまで一切の審議が停止され、通過していない法案は原則として廃案となる。野党各党は、合意なき離脱の阻止に向けた法案成立に一致協力して取り組む方針を示しているが、このための審議に費やせる時間は、議会の夏季休暇が明ける9月3日から閉会宣言までのわずか数日間に限られている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

HS2総工費がさらに膨張も 諮問委が最大1060億ポンドと指摘(01/21)

エアバス、旅客収入リスク回避の取引所創設(01/21)

英王室、ヘンリー王子夫妻の除籍を承認(01/21)

エンジー、英オクトパスが電力事業を取得(01/21)

JPモルガン、英離脱でパリ拠点を拡張へ(01/21)

ロンドンで初の英・アフリカ投資サミット(01/21)

英国、EU市民の自動国外退去処分を否定(01/21)

百貨店ビールズ、管財人の管理下に(01/21)

鉄道2社、営業権入札巡る審理開始(01/21)

航空・防衛BAE、米2社の事業取得(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン