英首相、EU離脱巡る合意を楽観視=G7

ジョンソン首相は26日、仏南西部ビアリッツ(Biarritz)で開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)後に、欧州連合(EU)離脱を巡る新たな合意形成の可能性を「わずかながら以前よりも楽観視」していると述べた。ただ、EUとの交渉は離脱期限である10月31日までもつれ込む…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

政府、石油・航空・通信社を来年民営化も(12/13)

総選挙、保守党の圧勝が確実 EU離脱が大きく前進=出口調査(12/13)

英当局、アマゾンのデリバルー株取得に懸念(12/13)

グリーナジー、不正取引巡る捜査終了(12/13)

スーパードライ、上半期は98.4%減益(12/13)

大阪ガス、ガス・電力供給イグルーに出資(12/13)

塩野義、血小板減少症治療薬が英で推奨勧告(12/13)

テスコのタイ事業、国営PTTは関心なし(12/13)

ポスト・オフィス、郵便局長との裁判で和解(12/13)

独政府、破綻のトーマス・クック顧客に返金(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン