• 印刷する

保守党の支持率、労働党を大きく上回る

与党・保守党の支持率が、最大野党・労働党を大きく上回っている。ジョンソン首相の欧州連合(EU)離脱に対する強硬な姿勢により、支持基盤が回復した格好だ。市場調査会社カンター・ワールドパネルによる最新の世論調査で、こうした傾向が明らかとなった。

調査は8月15~19日に、国内の成人1,133人を対象に実施。保守党の支持率は42%と、5月の前回調査時の25%から大幅に上昇した。一方、労働党は28%と14ポイントの差をつけられており、こちらは5月の34%から低下した。これに自由民主党(15%)、ナイジェル・ファラージ氏が率いる新党「ブレグジット党」とスコットランド民族党(SNP)(共に5%)が続く。世論調査ではまた、保守党政権のブレグジット交渉の手腕についても質問。否定的な見方は59%と依然として高水準だが、前回調査時から12ポイント低下した。肯定的なのは19%で、こちらは2ポイント回復している。

カンターはこれらの結果について、ジョンソン新政権の姿勢やEU離脱派を主要ポストに抜てきしたことで、ブレグジット党支持者の一部が移ったほか、交渉手腕への評価が変化したと指摘。一方で、「わからない」との回答の割合が増えたことから、国民は様子見の姿勢を決めていると分析した。

なお国民の52%は現政権が最終合意した離脱協定案について、国民投票を実施すべきと回答。5月調査時から5ポイント上昇した半面、投票をすべきではないとの見方も29%と、1ポイント増えている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

返済不能額は50億ポンドか 英政府保証のコロナ禍緊急融資(08/05)

米社のアーム買収計画、政府内で懸念高まる(08/05)

R・ロイス、ベルゲンをラングレーに売却(08/05)

石油シェル、リビアでの事業再開を検討(08/05)

英製ワクチン、42万回分がマレーシアに到着(08/05)

スコットランド、島への移住者に5万ポンド(08/05)

英、接触追跡の通知要件緩和 自主隔離の対象者減らす狙い(08/04)

英、渡航規制の新ウォッチリスト導入案撤回(08/04)

石油BP、第2四半期は黒字回復(08/04)

SSE、SGN株を加コンソーシアムに売却(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン