• 印刷する

労働党党首、合意なき離脱阻止へ他党と協議

英最大野党・労働党のコービン党首は、合意なき欧州連合(EU)離脱の阻止に向け、近く他党の首脳と協議する方針だ。同党のナンバー2であるマクドネル影の財務相が19日、公共放送BBCのテレビ番組で明らかにした。

コービン党首は先に、合意なき離脱を阻止するため野党連合による暫定政権を樹立し、期間限定で自らが首相に就任する案を打ち出した。EU離脱を延期した上で議会を解散し、総選挙を実施する方針で、これに向け議会の再開直後にジョンソン内閣の不信任案を提出するとしている。

議会は9月3日に再開される予定だが、「国家の緊急事態」を理由に100人以上の下院議員が再開時期の繰り上げを求めている。マクドネル氏はこの日、「この問題について十分な議論を行うためには、下院を早期に再招集する必要がある」として、こうした動きへの支持を表明した。

一方、コービン党首はこの日の演説で、 合意なき離脱を阻止するために「必要なあらゆる措置」を講じると強調。与党・保守党は英国の期待を裏切ったと批判し、総選挙は「この国に必要な方向性の転換」となると訴えた。

保守党の下院での議席数は、閣外協力するアイルランドの民主統一党(DUP)を加えてもわずか1議席での過半数にすぎない。しかも、合意なき離脱に反対する一部の保守党議員は、内閣不信任案を支持することを検討している。ただ、暫定政権をコービン氏が率いることには一部の政党や議員が強い抵抗を示している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

「日本と北欧」を一つの場所で ロンドンにコンセプトストア(09/23)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

ユニリーバ、オランダ株主が本社一本化支持(09/23)

ウィットブレッド、最大6千人整理(09/23)

キングフィッシャー、上半期は23.1%増益(09/23)

HSBC、香港で基本サービスの手数料廃止(09/23)

英でのワクチン開発中断、韓国社に影響も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン