• 印刷する

米国、英と産業分野別の貿易協定締結も

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は12日、米国は英国の合意なき欧州連合(EU)離脱を強く支持するとともに、これが実現すれば直ちに英国との貿易交渉に応じる方針だと明らかにした。包括的な貿易協定を目指すよりも、産業分野ごとの協定締結に向けた協議を行うことにより、迅速に交渉を進めるとしている。BBC電子版が伝えた。

英国を訪問中の同補佐官はこの日、ジョンソン首相との会談後の記者会見で、産業分野別の2国間協定なら「極めて簡単かつ迅速に結べる」との考えを示した。ただ、農業および金融サービス分野の協定には時間がかかると予想している。

また同補佐官は、「われわれは合意なき離脱を強く支持する」とコメント。「トランプ政権は一貫して、英国との貿易交渉を他国よりも優先的に行うつもりだ」とした上で、一連の産業分野別協定 は、米議会でも党派を問わず迅速に支持を得られるとの見方を示した。

ただ、米議会は過去にEUとの貿易交渉で、産業分野別に協議を行う案を拒否した経緯があるだけに、英国内にはボルトン氏の見方を疑問視する声もある。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

下院、3日間の審議日程否決 離脱協定法案が第2読会通過も(10/23)

投資プロサス、ジャスト・イートに対抗買収(10/23)

北ア、中絶が非犯罪化=同性婚は合法化(10/23)

ドイツ鉄道、子会社アリバの売却を見送りか(10/23)

資源リオ、米鉱山の尾鉱でリチウム生産も(10/23)

GSK、ババリアンに渡航ワクチン2種売却(10/23)

石油BP、スエズ湾油田権益の売却完了(10/23)

レボリュート、年末までに米国でカード発行(10/23)

政府、EVに緑色のナンバープレート導入へ(10/23)

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン