• 印刷する

英議会の休会阻止に向け訴訟 EU残留派の議員グループが提訴

ジョンソン英首相がブレグジット実現のために議会を休会することの合法性と合憲性を問う訴訟が13日、スコットランドの民事控訴院で始まった。欧州連合(EU)残留派議員などから成る超党派のグループが合意なき離脱を阻止すべく起こしたもの。イングランドの裁判所が夏季休暇に入っているため、スコットランドで提訴した。BBC電子版などが伝えた。

訴訟に参加しているのは、野党・自由民主党のジョー・スウィンソン党首やスコットランド国民党(SNP)のジョアンナ・チェリー議員など75人のほか、離脱反対キャンペーン団体「グッド・ロー・プロジェクト」などで、議会の休会は「違法であり憲法に反する」と訴えている。

ドハーティ裁判官は、9月6日に審問を行うことを決定。原告側弁護士は、同訴訟はスコットランドの司法システムを通過した上で、最終的に連合王国最高裁判所が判決を下すべきと主張。ただ、EU離脱期限である10月31日を前に時間切れになることを懸念して、下級裁判所に当たる民事控訴院の外院での審問を省略しプロセスを迅速化するよう求めた。しかしドハーティ裁判官は、外院を経なければ上級裁判所の内院には進めないとして、この要求を拒否した。

ジョンソン首相はかねて、合意の有無にかかわらず10月31日にEUを離脱する公約を掲げており、議会が反対した場合に休会に持ち込む可能性も否定していない。なお、世論調査会社コムレス(ComRes)が先に行った調査によると、「ジョンソン首相は、議会の休会も含め、あらゆる策を講じてブレグジットを実現すべき」と回答したのは54%に上った。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

石油シェル、第3四半期は92%減益(10/30)

ロイズ銀、第3四半期は20倍超に増益(10/30)

乗用車生産、9月は5%減少(10/30)

スタンチャート、香港で青年就職支援を始動(10/30)

タイ政府、EUとの貿易協定の再締結案承認(10/30)

ヒースロー空港、欧州首位転落 第3四半期は利用者数8割減(10/29)

一時帰休後の失職率、若者と非白人で高く(10/29)

メルセデス、アストンマーティンに追加出資(10/29)

BT、大都市でエリクソンから5G機器調達(10/29)

製薬GSK、第3四半期は13%減益(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン