• 印刷する

「合意なき離脱阻止は困難」 英議会に打つ手なし=IfG

独立シンクタンクの政府研究所(IfG)は11日、英国の欧州連合(EU)からの合意なき離脱に関する報告書を公表し、議会が合意なき離脱を阻止する手段はほぼないとの見方を示した。ジョンソン政権は期限である10月31日に、合意のあるなしに関わらずEUを離脱する方針を堅持している。

報告書では、EUとの離脱協定の合意や、議会の合意なき離脱を阻止する動議の提出、内閣不信任案の可決、解散総選挙など複数の選択肢を検討している。しかし、いずれの場合でも期限まで時間が限られている上、政府の協力を必要とする部分があり、政府の方針を変更できなければ合意なき離脱は避けられないという。

たとえば離脱協定で合意した上で期日に離脱するには、8月中にもEUと妥結して議会が承認する必要がある。しかし、8月はEU加盟各国が夏季休暇で動かないほか、英国では9月後半から10月にかけて党大会開催による議会の休会があるなど時間的に厳しい。また、議会が合意なき離脱に反対する動議を可決しても政府はこれに従う必要はない。

一方、議会で内閣不信任案が可決されれば14日以内に代わりの政権を樹立する必要があるが、それができずにジョンソン首相が辞任を拒否する場合もあり得るという。総選挙をするにも、議会の夏季休会が終わってすぐに実施を決めなければ、10月31日にまでに行うのは難しいと指摘している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

日英、経済連携協定を締結 来年1月に発効の見通し(10/26)

仏、英領海の漁業権で譲歩も 関係者に割り当て縮小を警告(10/26)

金融バークレイズ、第3四半期は黒字復帰(10/26)

小売売上高、9月は1.5%増加(10/26)

金融カルロック、インドの航空会社買収へ(10/26)

資源BHP、19億ドル分の負債解消(10/26)

EU、独議会へのサイバー攻撃でロシアに制裁(10/26)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

英、雇用支援策を再修正 対象地域と支援内容を拡大(10/23)

英・EU、対面交渉を再開 最終案作成に向け25日まで集中協議(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン