英外相、北米3カ国を歴訪 欧州域外の国々と関係強化

ラーブ英外相は6日、カナダ・米国・メキシコへの3日間にわたる訪問を開始した。欧州連合(EU)からの離脱後に向けて、各国との関係を強化する狙いがある。同外相は先に、タイの首都バンコクを訪問し、同地で開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓米露などの外…

関連国・地域: 英国米国中南米カナダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

英政府、接触追跡で米アップルなどと協議中(05/22)

イージージェット、6月から一部の運航再開(05/22)

米、アストラのワクチン開発に最大12億ドル(05/22)

抗マラリア薬の新型コロナ向け試験が開始(05/22)

5月は上昇もなお分岐点割れ ユーロ圏総合PMI速報値(05/22)

英、国債発行で初のマイナス利回りに(05/22)

テート・アンド・ライル、通期は23%増益(05/22)

対EU自由貿易協定案を公表 英、追加条件を「不可解」と批判(05/21)

R・ロイス、航空機減産で9千人整理へ(05/21)

インフレ率、4月は過去4年弱で最低(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン