• 印刷する

合意なき離脱に備え追加拠出 英政府、21億ポンドを上乗せ

英政府は7月31日、欧州連合(EU)からの合意なき離脱に備えて、追加で21億ポンドを拠出する計画を明らかにした。既に今年度に予定していた42億ポンドと合わせると、合意なき離脱の準備に対する支出は総額で63億ポンドに上る。

21億ポンドのうち11億ポンドはすぐにも拠出する予定で、10億ポンドは必要に応じて備えを強化するために投じる。拠出金のうち3億4,400万ポンドは、国境管理や税関能力の強化に充てる。国境周辺の職員を500人追加して年内に最大1,000人を増員するほか、港湾周辺の輸送インフラの改善、税関職員の訓練支援、英国のパスポート申請増大への対応などが対象となる。パスポートについては、合意なき離脱によりEU域内への旅行にはパスポートの残存期間が6カ月以上必要になるため申請の急増が見込まれている。

また4億3,400万ポンドは、不可欠な医薬品・医療製品の供給を確保するため、貨物輸送や倉庫保管、備蓄の拡大に割り当てる。このほか1億3,800万ポンドを合意なき離脱の広報キャンペーンや国外に居住する英国人への支援などに投じ、1億800万ポンドは、輸出業者の備えや新たな機会の開拓支援など企業の準備促進に使う。

これに対して最大野党・労働党は、合意なき離脱は回避が可能であるとして、「税金の途方もない無駄遣い」と批判している。一方の政府側は、合意なき離脱への備えに対する支出は、合意に基づく秩序ある離脱の際にも役立つため「資金の浪費ではない」と説明している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

「日本と北欧」を一つの場所で ロンドンにコンセプトストア(09/23)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

ユニリーバ、オランダ株主が本社一本化支持(09/23)

ウィットブレッド、最大6千人整理(09/23)

キングフィッシャー、上半期は23.1%増益(09/23)

HSBC、香港で基本サービスの手数料廃止(09/23)

英でのワクチン開発中断、韓国社に影響も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン