• 印刷する

ジョンソン内閣の顔ぶれ確定 EU離脱派が要職に就任

ジョンソン新首相は就任から一夜明けた25日も、組閣作業に取り組んだ。合意なき離脱に反対し、かねて辞意を表明していたフィリップ・ハモンド財務相らメイ前政権の主要閣僚による辞任が相次いだことで、顔ぶれはメイ前内閣から大幅に刷新。欧州連合(EU)離脱派を主要ポストに抜てきする一方、2016年の国民投票で残留派だった議員が半数超を占めている。

ジョンソン首相は財務相の後任として、党首選敗退後にジョンソン氏の支持に回ったサジド・ジャビド前内相を指名。アジア系議員が内相ポストに就くのは初となる。その後任の新内相には、EU離脱派のプリティ・パテル元国際開発相が就任。パテル氏は国際開発相時代にイスラエルとの癒着疑惑が明るみに出て辞任しており、今回の人事で閣僚に返り咲きを果たした格好だ。国民投票の前からEU離脱を唱えていたドミニク・ラーブ前EU離脱担当相は外相に抜てきされ、筆頭国務相も兼任する。EU離脱に向けては、スティーブン・バークレイEU離脱担当相が留任した。

国防相には、残留派のベン・ウォレス前治安担当閣外相が就く。国際貿易相には、国民投票後に強硬離脱派に転身したエリザベス・トラス前財務副大臣を起用した。党首選で善戦したマイケル・ゴーブ前環境・食料・農村相は、ランカスター公領相に充てられたが、ジョンソン氏と共に最終候補に残ったジェレミー・ハント前外相は閣僚就任の打診を断った。強硬離脱派として知られるジェイコブ・リースモグ氏は下院院内総務に就任した。

ジョンソン首相による今回の閣僚人事では、33のポストのうち女性が8人を占めた。閣僚経験が最も長いのはゴーブ氏で6年以上となり、新たに閣僚に起用されたのは8人。なおジョンソン首相の弟であるジョー・ジョンソン氏は、ビジネス・エネルギー・産業戦略担当閣外相に任命されている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

「日本と北欧」を一つの場所で ロンドンにコンセプトストア(09/23)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

ユニリーバ、オランダ株主が本社一本化支持(09/23)

ウィットブレッド、最大6千人整理(09/23)

キングフィッシャー、上半期は23.1%増益(09/23)

HSBC、香港で基本サービスの手数料廃止(09/23)

英でのワクチン開発中断、韓国社に影響も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン