• 印刷する

党首候補5人がTV討論=ジョンソン氏欠席

メイ首相の後任となる与党・保守党の次期党首選挙の候補者5人が16日、民放チャンネル4でテレビ討論を行った。ただ、先の第1回投票を1位で通過したジョンソン前外相は出席を拒否。同氏用の演壇は空席のまま、ハント外相やゴーブ環境・食料・農村相らが欧州連合(EU)との離脱協定を巡る再交渉の可能性や、合意なきEU離脱の是非などについて議論を交わした。

討論会に出席したのは、ハント、ゴーブ両氏と、ラーブ前EU離脱相、ジャビド内相、スチュワート国際開発相。議論はブレグジット問題にほぼ集中し、中でも合意なき離脱に下院が反対した場合に議会を閉鎖してでも10月31日のブレグジットを実現するべきかどうかを巡っては、激論が交わされた。ラーブ氏は交渉上、強い立場を維持するためにはこうした選択肢も残す必要があると主張。これに対し、スチュワート氏はこうした手法は「極めて不穏」と批判し、ジャビド氏も「民主主義の実現のために民主主義をないがしろにしてはならない」と強く批判した。

合意なき離脱の是非については、スチュワート氏のみが「完全にナンセンスで、英経済に深刻な損害を与える」と完全否定。他の候補は、合意なしの選択肢も完全には排除しないとしている。

ジョンソン氏の欠席を巡っては、具体的なブレグジット方針の追及を避けるために討論会参加を避けたとの見方もある。これについてハント外相は、「かなり友好的な同僚5人との討論にも出席できないのに、EU加盟27カ国とどうやって交渉するつもりなのか」と、ジョンソン氏を厳しく批判した。ただ、討論会の欠席が同氏の党内での支持に影響を与える気配はなく、この日には第1回投票後に党首選への立候補を取り下げたハンコック保健相が、ジョンソン氏支持に回る方針を明らかにした。

同党は18日に2回目の投票を行い、得票数33票未満もしくは最下位の候補者を除外する。同日夜にはBBCのテレビ討論が実施される予定で、こちらにはジョンソン氏も参加の意向を示している。保守党は候補者が2人に絞られるまで同様の投票を繰り返した上で、22日から一般党員約16万人による投票を実施する。結果は7月22~26日に発表される予定。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: メディア・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

「日本と北欧」を一つの場所で ロンドンにコンセプトストア(09/23)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

ユニリーバ、オランダ株主が本社一本化支持(09/23)

ウィットブレッド、最大6千人整理(09/23)

キングフィッシャー、上半期は23.1%増益(09/23)

HSBC、香港で基本サービスの手数料廃止(09/23)

英でのワクチン開発中断、韓国社に影響も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン