• 印刷する

保守党、党首選に10人出馬 新党首選出は7月下旬

与党・保守党は10日夕、メイ首相の後継者となる次期党首の立候補受け付けを締め切り、10人の候補者名簿を発表した。現時点で最有力視されているジョンソン前外相のほか、ハント外相やゴーブ環境・食料・農村相らが名を連ねている。同党は13~20日に下院議員による一連の投票で候補者を2人に絞り込んだ上で、22日から一般党員約16万人による投票を実施し、7月22~26日に新党首を選出する予定。BBC電子版が伝えた。

10日深夜時点で最も多くの下院議員の支持を集めているのはジョンソン氏。2位と3位はハント氏とゴーブ氏で接戦となっている。以下、ラーブ前EU離脱相、ジャビド内相、ハンコック保健相、ハーパー前下院院内幹事長、マクビー前労働・年金相、スチュワート国際開発相、レッドソム前下院院内総務の順に続く。

欧州連合(EU)離脱を巡る主要候補者の方針を見ると、強硬派のジョンソン氏は合意の有無にかかわらず10月31日にEU離脱を実現するべきとの考え。ただ、離脱派だけでなく残留派の議員からもかなりの支持を集めている。残留派のハント氏は合意なき離脱は避けるべきと主張。ゴーブ氏は離脱派だが、EUとの再交渉に向けた短期の離脱延期はやむなしとしている。一方、離脱強硬派のラーブ氏は、10月31日に合意の有無にかかわらず離脱するべきで、そのためには議会閉鎖も辞さないとしている。10人の候補者はいずれも2度目の国民投票は支持していない。

また、各候補者とも一般党員の支持を集めるため、相次いで減税方針を打ち出している。ジョンソン氏が事業税と所得税の減税を示唆しているほか、ハント外相は法人税率を現行の19%から12.5%に引き下げると約束。ラーブ前EU離脱相は所得税の最高税率を40%から35%に、最低税率を20%から15%に引き下げるとしている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【中村航の西方見聞録】英国でも広がる?反ワクチン反マスク運動(09/29)

ロンドンで飲食店全面閉鎖も 世帯間交流も禁止の可能性(09/29)

イングランド、自主隔離違反を違法化(09/29)

ウィリアム・ヒル、米社と身売り協議(09/29)

英・EU貿易交渉が再開=期限目前に正念場(09/29)

ウーバー、ロンドンで事業免許1年半更新(09/29)

スーパーのアルディ、英で13億ポンド投資へ(09/29)

保険LV=、身売りへ複数社と協議入り(09/29)

リオ・ティント、大連港と保税業務で提携(09/29)

財政収支、8月は赤字が大幅拡大(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン