• 印刷する

メイ首相、保守党党首を辞任 後任レース本格化=11人出馬表明

メイ首相は7日、与党・保守党の党首を正式に辞任した。同党では10日に党首選挙の候補者が確定し、後任レースが本格化するが、現時点ですでに11人が出馬を表明している。新党首は7月22日に選出される見通しで、メイ氏は後任が決まるまで首相にとどまる。BBC電子版などが伝えた。

同首相は5月、欧州連合(EU)離脱の行き詰まりが打破できない現状を受け、6月7日付で党首を辞任する意向を表明していた。メイ氏は2016年7月、キャメロン前首相の後任として首相に就任。同年6月に実施されたEU離脱の是非を問う国民投票では残留を支持したものの、首相就任後は一貫してブレグジットの実現を目指してきた。しかし、メイ氏のブレグジット方針は党内のEU離脱強硬派に最後まで受け入れられず、EU離脱期限は当初の3月29日から10月31日に延期されることになった。

保守党は10日午後5時(現地時間)に党首選の立候補を締め切る。立候補には8人の議員の支持が必要。その後、13~20日に下院議員による一連の投票で候補者を2人に絞り込み、22日から開始される一般党員の郵便投票で勝者を決める。保守党の一般党員数は約12万4,000人で、56歳以上が過半数を占める。

BBC電子版によると、現時点で党首選出馬を表明している11人のうち最有力視されるのが、離脱強硬派で合意の有無にかかわらず10月31日に離脱するべきとするジョンソン前外相で、42人の議員の支持を集めている。これに、EUとの再交渉に向けた離脱延期はやむなしとするゴーブ環境・食料・農村相(29人)、合意なき離脱は避けるべきとするハント外相(29人)、10月31日に合意の有無にかかわらず離脱するべきで、そのためには議会閉鎖も辞さないとするラーブ前EU離脱相(23人)が続く。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エネ企業2社が新たに破綻 9月だけで計6社=ガス価格高騰(09/24)

仏米大統領が会談、関係修復図る=オーカス(09/24)

英政府、引退トラック運転手に復帰要請も(09/24)

英首相、国連総会で気候変動対策を呼び掛け(09/24)

中銀、政策金利を史上最低水準に据え置き(09/24)

9月は過去5カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

韓国、英国からワクチン調達へ=首脳会談(09/24)

英米FTA交渉への進展なく 気候変動なども協議=首脳会談(09/23)

英政府、CO2製造の米社に運転資金援助(09/23)

CO2不足、欧州でも深刻化の恐れ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン