• 印刷する

英米の貿易協定に前向き トランプ大統領、メイ首相と会談

英国を訪問中のトランプ米大統領は4日、メイ首相や英米の大手企業トップらと会談し、英国の欧州連合(EU)離脱後の二国間貿易協定の締結に前向きな姿勢を示した。一方、この日は全国的に反トランプ氏デモが繰り広げられ、ロンドンのデモには最大野党・労働党のコービン党首が出席。同氏を巡る政府と市民の温度差が浮き彫りとなった。BBC電子版などが伝えた。

英政府はこの日、英米の大手企業各5社の代表を交えた朝食会を開催。英国側からは航空・防衛BAEシステムズ、製薬グラクソ・スミスクライン(GSK)、送電ナショナル・グリッド、金融バークレイズ、消費財レキットベンキーザー、米国側からは金融JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・インターナショナル、航空・防衛ロッキード・マーティン、プラントのベクテル(Bechtel)、ソフトウエアのスプランク(Splunk)の最高経営責任者(CEO)や幹部役員が出席した。

メイ首相は「両国間の自由貿易協定、広域な経済協力、さらにグローバル経済とその規則、組織に対する基盤補強、形成、感化に継続して取り組み、市場の自由と公平さ、開放性、競争力を維持することにより、両国のパートナーシップは強化される」とスピーチ。トランプ氏は「英国と米国は非常に充実した貿易協定が結べる」と強調した。

メイ首相はその後、首相官邸でトランプ氏と首脳会談を開催。気候変動や英国の第5世代(5G)通信網構築における中国・華為技術の参加是非などについて話し合った。

ロンドンではこの日、トランプ氏反対派が大規模デモ実施のためトラファルガー広場に集結。前回のトランプ氏訪問時に登場した全長6メートルの「赤ちゃんトランプ」の巨大風船も、ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)前の広場に再度お目見えした。デモには3日のバッキンガム宮殿での晩餐会をボイコットしたコービン党首をはじめ、自由民主党や緑の党の党員も参加。英国では他にも、バーミンガム、シェフィールド、グラスゴー、エディンバラ、オックスフォードなどでデモが実施され、警察官3,000人超が動員された。


関連国・地域: 英国EUアジア米国
関連業種: 医療・医薬品化学その他製造金融運輸IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

労働党党首、合意なき離脱阻止へ他党と協議(08/20)

中国・華為、ロシアでR&D強化へ(08/20)

合意なき離脱で食品や医薬品不足=政府文書(08/20)

英領ジブラルタル拿捕のイラン船が出航(08/20)

クアドリラ、シェールガスの採掘再開(08/20)

米配車ウーバー、英・愛事業のトップを指名(08/20)

三菱UFJ、ドイツでの買収を英当局が調査(08/20)

コーヒーチェーンのコスタ、マで事業拡大へ(08/20)

B・スチール、引受先決まる トルコ軍年金基金と暫定合意(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン