• 印刷する

在英EU市民、75万人超が在留を申請

英内務省は5月30日、在英の欧州連合(EU)市民に離脱後の在留資格を与える「EU市民在留資格制度」で、年初から4月までに75万人超が申請を行ったと明らかにした。在英EU市民の数は推定380万人。ジャビド内相は今後も在留資格の申請を呼びかけていく方針だ。

内務省によると、これまでの申請件数はイングランドで57万件超、スコットランドで3万件、ウェールズで9,000件、北アイルランドで6,000件。出身国別ではポーランド人が最も多く、10万人以上が申請を行った。次いでルーマニア人、イタリア人が多かった。

同制度は、英国に居住しているEU市民(欧州経済領域の加盟国とスイス含む)およびその家族に適用されるもの。原則的に、継続して英国に居住している期間が5年間以上の場合は「在留資格」が、5年未満の場合は「プレ在留資格」がそれぞれ与えられる。両資格とも、英国での労働や国民医療制度(NHS)や社会保障制度の利用、自由な出入国が保障される。

申請料金は無料。現時点で英国は今年10月末までにEUを離脱する取り決めとなっているが、EUと離脱協定がまとまった場合の申請期限は2021年6月30日に設定。合意なし離脱に陥った場合は、2020年12月31日で受付を締め切るとしている。

ジャビド内相は「EU市民は、英国に大きく貢献してきた友人であり、隣人であり、同僚だ」とコメント。ブレグジットの結果を問わず、EU市民が英国に在留することを望んでいると話した。[EU規制][労務]


関連国・地域: 英国EUイタリアポーランドルーマニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イングランドで飲食店再開 約3カ月ぶりの外食客でにぎわう(07/07)

英、華為を5G網から段階的に排除も(07/07)

新車登録台数、6月は34.9%減少(07/07)

英政府、対面接客業支援でバウチャー支給も(07/07)

英、劇場・博物館などに15.7億ポンドの支援(07/07)

4大会計事務所、監査業務を24年までに分離(07/07)

ロイズ銀、ホルタオソリオCEOが来年退任(07/07)

英、新人権規則に基づく制裁を発動(07/07)

アビバ、新CEOに社外取締役のブラン氏(07/07)

建設業PMI、6月は大幅回復で分岐点超え(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン