• 印刷する

保守党が支持率5位に転落 欧州議会選、ブレグジット党首位

5月23日に実施される欧州議会選挙の支持率で、メイ首相率いる与党・保守党が5位に転落した。トップはナイジェル・ファラージ氏が率いる新党「ブレグジット党」だった。インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)が13日、タイムズの委託で行った調査の結果を明らかにした。

調査は5月8~9日に国内の成人2,212人を対象に行われた。ブレグジット党の支持率が4月末から4ポイント伸びて34%となった一方で、保守党は10%と3ポイント落ち込んだ。2位は最大野党・労働党(16%)で、5ポイント低下。これに自由民主党(15%)と緑の党(11%)が続く。欧州連合(EU)残留派の新党「チェンジUK」は5%で6位だった。

この結果を受け、保守党内ではメイ首相に対する辞任圧力が強まっている。先の地方選に大敗したことで保守党議員の間で危機感が募っているが、首相は保守党議員委員会(1922年委員会)から求められていた辞任時期の明示を拒否したとされる。

なお、首相は16日に1992年委員会上層部の会合に出席するが、改めて進退を明確に示すよう求められると見られている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン