• 印刷する

GDP成長率、0.5%に加速 EU離脱前の在庫積み増しが貢献

英政府統計局(ONS)は10日、2019年第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP、速報値)が前期比0.5%増加したと発表した。2018年第4四半期の0.2%から伸びが加速。製造業者が、当初のブレグジット期限だった3月29日までに受注をさばくため在庫量を拡大したことが貢献した。

産業別に見ると、英経済の原動力であるサービス業は0.3%拡大。伸びは前期から0.2ポイント減速した。うち流通・ホテル・レストランは1.1%、自動車販売を含む運輸・倉庫・通信は0.7%それぞれ伸びた。

鉱工業は1.4%増加し、前期の0.8%減からプラスを回復した。うち製造業は2.2%拡大し、採鉱・採石は2%増えた。一方、電気・ガス・蒸気・空調供給は2.3%縮小し、水道・下水・廃棄物処理は1.7%落ち込んだ。

建設業は1%のプラス。一方、農林水産業は1.8%減っている。

GDPは前年同期比では1.8%拡大し、伸びは前期から0.4ポイント加速した。

ONSは第1四半期について「ブレグジット期限を目前に控え、企業が在庫を積み増したことが伸びをけん引した」と分析。一方で、自動車販売や卸売り、流通業にはこうした影響はあまり見られなかったと指摘している。

国際通貨基金(IMF)は4月、英国の今年のGDP成長率が1.2%になるとして0.3ポイント下方修正。英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性をリスク要因として挙げていた。2020年については1.4%になるとの見方を示している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車農林・水産その他製造建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会選の投票開始 団結か分断か、EU市民の選択は(05/24)

下院院内総務が辞任=メイ首相近く辞意も(05/24)

小売りアルカディア、23店舗の閉鎖を検討(05/24)

伊プラダ、来年から毛皮の使用を廃止へ(05/24)

化粧品エイボン、ブラジルのナチュラが買収(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

アリアンツX、加ロボアドバイザー社に出資(05/24)

英オフィール、インドネ・メドコが買収完了(05/24)

インドネ・ガルーダ航空、ロンドン線運休も(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン